エルグランド、アベニール ブラスター、キューブに冬仕様車

2001.09.05 自動車ニュース
 

エルグランド、アベニール ブラスター、キューブに冬仕様車

日産自動車は、エルグランド、アベニール ブラスター、キューブに期間限定車として「バージョン-S」を設定した。販売期間は2001年8月29日から12月まで。
「バージョン-S」とは、スキーやスノーボードなどのウインタースポーツ用品のトップブランド、“サロモン”の協力を得て開発した、冬仕様の限定車。汚れや水分のふき取りが簡単な専用シート地やドアトリム、電源コンセント(AC100V・100W)などを標準装備する。さらに、「SALOMON」ロゴ入り専用シートタグもついている。
エルグランドとアベニール ブラスターは、寒冷地仕様が標準。ワイパーつけ根の氷結を防止する熱線入りの「ワイパーデアイサー」「ヒーター付ドアミラー」「大型バッテリー」が装備される。



 

「エルグランド バージョン-S」は、3.5リッターの標準モデル「V」にプライバシーガラス(UVカット断熱機能付)、CD・MD一体AM/FM電子チューナーラジオなどを追加装着した「メモリアルセレクション ラウンジパッケージ」をベースにする。ボディーカラーには、シャーベットシルバーの専用色が用意される。価格は、2WD車が 303.5万円 、4WD車は 333.5万円だ。

「アベニール ブラスター バージョン-S」は、ハイトコントロールサスペンションや大型フロントフォグランプ(PIAA製)などを装備した2リッターコントロールワゴン「アベニール ブラスター」をベース車とする。 2WD車は 223.1万円 、4WD車は 247.1万円。

上:エルグランド バージョン-S(4WD)オプション装着車
中:アベニール ブラスターバージョン-S(4WD)オプション装着車
下:キューブ バージョン-S(2WD)オプション装着車


 

「キューブ バージョン-S」、「キューブ バージョン-S-α」は、それぞれ「キューブS」、「キューブ S-α」がベース。専用色マルチホルダー、専用色クラスターパネル&シルバー色ヒーターコントロールダイヤルのほか、専用ブラックメーターなどが装備される。価格は、「キューブバージョン-S」 2WDが 127.8万円 、4WDが 152.1万円 、「キューブバージョン-S-α」は2WDのみで、137.8万円(ベース車よりおよそ4万円高)。

(webCGくらた)

「エルグランド バージョン-S」:
http://www.nissan.co.jp/ELGRAND/E50/0105/SALOMON/
「アベニール ブラスター バージョン-S」:
http://www.nissan.co.jp/AVENIR/W11/0108/SALOMON/index.html
「キューブ バージョン-S/バージョン-S-α」:
http://www.nissan.co.jp/CUBE/Z10/0105/SALOMON/index.html

関連キーワード:
エルグランドキューブ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
  • 第425回:「壊れない日本車」はこうして生まれる
    「日産NV350キャラバン」の開発現場を取材
    2017.7.13 エディターから一言 ビジネスユースはもちろん、レジャーや趣味のお供としても高い支持を集める日産のワンボックスカー「NV350キャラバン」。同車の開発を担う日産車体への取材を通し、世界中で支持される「壊れない日本車」の秘密を知った。
  • 「ジャパンキャンピングカーショー2017」の会場から 2017.2.3 画像・写真 ユニークなキャンピングカーが一堂に集結。「ジャパンキャンピングカーショー2017」が、千葉県の幕張メッセで開幕した。会場の様子を、各メーカーが出展したキャンピングカーとともに写真でリポートする。
  • 日産NV400(FF/6MT)【試乗記】 2014.12.24 試乗記 クルマとはその国の生活と文化を運ぶもの。“グローバル化”が進んでいるとはいえ、その形は同じではない。スペインで生産され、欧州を中心に販売されている大型の商用ワゴン「日産NV400」が持つ世界を、300kmあまりの試乗を通じて味わった。
  • マツダCX-5 25S Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.5.7 試乗記 フルモデルチェンジから1年余り。「マツダCX-5」に早くも手直しが入った。新規技術を出し惜しみせず、矢継ぎ早に投入していくのが“現在”のマツダ流。その進化のほどやいかに!?
ホームへ戻る