エルグランド、アベニール ブラスター、キューブに冬仕様車

2001.09.05 自動車ニュース
 

エルグランド、アベニール ブラスター、キューブに冬仕様車

日産自動車は、エルグランド、アベニール ブラスター、キューブに期間限定車として「バージョン-S」を設定した。販売期間は2001年8月29日から12月まで。
「バージョン-S」とは、スキーやスノーボードなどのウインタースポーツ用品のトップブランド、“サロモン”の協力を得て開発した、冬仕様の限定車。汚れや水分のふき取りが簡単な専用シート地やドアトリム、電源コンセント(AC100V・100W)などを標準装備する。さらに、「SALOMON」ロゴ入り専用シートタグもついている。
エルグランドとアベニール ブラスターは、寒冷地仕様が標準。ワイパーつけ根の氷結を防止する熱線入りの「ワイパーデアイサー」「ヒーター付ドアミラー」「大型バッテリー」が装備される。



 

「エルグランド バージョン-S」は、3.5リッターの標準モデル「V」にプライバシーガラス(UVカット断熱機能付)、CD・MD一体AM/FM電子チューナーラジオなどを追加装着した「メモリアルセレクション ラウンジパッケージ」をベースにする。ボディーカラーには、シャーベットシルバーの専用色が用意される。価格は、2WD車が 303.5万円 、4WD車は 333.5万円だ。

「アベニール ブラスター バージョン-S」は、ハイトコントロールサスペンションや大型フロントフォグランプ(PIAA製)などを装備した2リッターコントロールワゴン「アベニール ブラスター」をベース車とする。 2WD車は 223.1万円 、4WD車は 247.1万円。

上:エルグランド バージョン-S(4WD)オプション装着車
中:アベニール ブラスターバージョン-S(4WD)オプション装着車
下:キューブ バージョン-S(2WD)オプション装着車


 

「キューブ バージョン-S」、「キューブ バージョン-S-α」は、それぞれ「キューブS」、「キューブ S-α」がベース。専用色マルチホルダー、専用色クラスターパネル&シルバー色ヒーターコントロールダイヤルのほか、専用ブラックメーターなどが装備される。価格は、「キューブバージョン-S」 2WDが 127.8万円 、4WDが 152.1万円 、「キューブバージョン-S-α」は2WDのみで、137.8万円(ベース車よりおよそ4万円高)。

(webCGくらた)

「エルグランド バージョン-S」:
http://www.nissan.co.jp/ELGRAND/E50/0105/SALOMON/
「アベニール ブラスター バージョン-S」:
http://www.nissan.co.jp/AVENIR/W11/0108/SALOMON/index.html
「キューブ バージョン-S/バージョン-S-α」:
http://www.nissan.co.jp/CUBE/Z10/0105/SALOMON/index.html

関連キーワード:
エルグランドキューブ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
  • 日産エルグランド250 Highway STAR 7人乗り(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2010.10.21 試乗記 ……414万7500円
    総合評価……★★★★

    新たな3代目に「キング・オブ・ミニバン」復権をかける、「日産エルグランド」。その実力を、売れ筋の2.5リッターモデルで試した。
  • いよいよ登場! 新型「日産リーフ」
    買いたい人にプロが一言アドバイス
    2017.9.8 デイリーコラム 日産のEV「リーフ」の新型が、2017年9月6日にデビューしました。国内の販売がスタートするのは、10月2日。この2代目の購入を考えている人は、どんなことを意識したらよいのでしょうか? 3人のモータージャーナリストに聞きました。
  • ホンダN-BOXプロトタイプ/N-BOXカスタム プロトタイプ【試乗記】 2017.9.4 試乗記 2011年のデビュー以来、高い人気を保ち続けているホンダの軽トールワゴン「N-BOX」シリーズが、いよいよ2代目にモデルチェンジ! 従来モデルからすべてが一新されたという新型の実力を、走りと使い勝手の両面からリポートする。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(6AT/FF)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
ホームへ戻る