「プレサージュ」「バサラ」をマイナーチェンジ

2001.09.05 自動車ニュース
 

「プレサージュ」「バサラ」をマイナーチェンジ

日産自動車は、ミニバン「プレサージュ」「バサラ」にマイナーチェンジを施し、2001年8月29日に発売した。マイナーチェンジの眼目は、ズバリ環境対策。2.4リッター「KA24DE」ユニットに替え、新型2.5リッター「QR25DE」ユニットを採用、あわせて2.5リッター「YD25DDTi」ディーゼルユニットが廃止された。これにより、「プレサージュ」「バサラ」のエンジンラインナップは、3リッター「VQ30DE」と2.5リッターの2種類となる。なお、NEO QR25DEエンジン車は国土交通省から「良-低排出ガス車(G-LEV)」に認定されている。

上:ブレサージュCII(2WD)特別塗装色/オプション装着車
下:バサラ V(2WD)特別塗装色/オプション装着車

 

「プレサージュ」は、ヘッドランプ、フロントグリル、バンパーなどのデザインが変更され、リアコンビランプがクリアタイプになった。インテリアに関しては、「プレサージュ」の内装色を「カフェラテ」、「バサラ」の内装色を「ウォームグレー」に変更し、ヘッドレストを小型化することによって、より広く感じられる室内空間の実現を図った。

DVD方式のナビゲーションシステムが「CIII」「CII」グレード(プレサージュ)と「V」「X」グレード(バサラ)に標準装備された。このシステムは充実したデータ量、検索時間の短縮、簡単な操作が特徴だという。

「プレサージュ」、「バサラ」両車のグレード体系に「ハイウェイスター」が新たに設定された。これは、本革巻ステアリング、メタリック調パネルなどに加えてエアロパーツを装着した、スポーツ色の強いモデルだ。

価格は、プレサージュ3.0リッターは269.6万円から295.8万円(2WD)、2.5リッターは205.8万円から294.8万円(2WD.4WD)。バサラ3.0リッターは271.6万円から297.8万円(2WD)、2.5リッターは207.8万円から296.8万円(2WD.4WD)となる。

(webCGくらた)

プレサージュ: http://www.nissan.co.jp/PRESAGE/U30/0108/
バサラ:
http://www.nissan.co.jp/BASSARA/U30/0108/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 「ジャパンキャンピングカーショー2017」の会場から 2017.2.3 画像・写真 ユニークなキャンピングカーが一堂に集結。「ジャパンキャンピングカーショー2017」が、千葉県の幕張メッセで開幕した。会場の様子を、各メーカーが出展したキャンピングカーとともに写真でリポートする。
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
  • 第27回 どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • スバル、2018年型の「レガシィ」をシカゴで公開 2017.2.3 自動車ニュース 富士重工業は2017年2月3日、米国・シカゴで開催される2017年 シカゴオートショー(開催期間:2月9日~20日)で、2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車を公開すると発表した。
ホームへ戻る