プレサージュ、バサラに特別仕様車、福祉車両を設定

2001.09.05 自動車ニュース
 

プレサージュ、バサラに特別仕様車、福祉車両を設定

日産自動車の関連会社である(株)オーテックジャパンは、プレサージュ、バサラに特別仕様車「ライダー」を設定するとともに、福祉車両「アンシャンテ」「ドライビングヘルパー」をそれぞれ継続設定し、2001年8月29日から発売した。


上:プレサージュ「ライダー」(2WD)
下:バサラ「ライダー」(2WD)
 

プレサージュ/バサラ特別仕様車「ライダー」は、それぞれ「C?」「V」をベースに外観と室内装備をトータルコーディネイトした仕様。265.3から292.3万円。
「アンシャンテ」は、高齢の方や障害をお持ちの方の、クルマへの乗り降りを助ける「助手席スライドアップシート」を装備した福祉車両。旧型車に対し10万円安い価格設定で、279.6から305.6万円。

 


プレサージュ「アンシャンテ」(車いす収納装置はオーテック扱いディーラーオプション)
 

「ドライビングヘルパー」は、手動運転装置「オーテックドライブギア」を装備し、下股の不自由な方でも運転できる仕様。左手で、アクセル、ブレーキを操作するコントロールグリップと、右手で、ハンドルを回すステアリングノブとで構成される。259.8から261.8万円。

(webCGわたなべ)

関連キーワード:
プレサージュ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
  • BMW i8ロードスター(4WD/6AT)【海外試乗記】 2018.5.21 試乗記 次世代のモビリティーを提案するプラグインハイブリッド車であり、BMWのスポーツカーのなかでも最も高額なモデルである「BMW i8」。マイナーチェンジとともに追加されたオープントップの「ロードスター」に、風光明媚なスペイン・マヨルカ島で試乗した。
  • 「ジャパンキャンピングカーショー2017」の会場から 2017.2.3 画像・写真 ユニークなキャンピングカーが一堂に集結。「ジャパンキャンピングカーショー2017」が、千葉県の幕張メッセで開幕した。会場の様子を、各メーカーが出展したキャンピングカーとともに写真でリポートする。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • 日産プレサージュ 3.5X 4WD/2.5V FF(CVT/4AT)【試乗記】 2003.7.24 試乗記 日産プレサージュ 3.5X 4WD/2.5V FF(CVT/4AT)
    ……364.3/268.0万円

    腰高で、しかも室内が上下に狭かった「日産プレサージュ」。厳しい消費者からの反応を汲んで、新型はどう変わったのか? 月販5000台を目指す意欲作に、『webCG』記者が北海道で試乗した。


ホームへ戻る