日産、「NV200」のロンドンタクシー仕様を公開

2012.08.09 自動車ニュース

日産、「NV200」のロンドンタクシー仕様を公開

欧州日産は2012年8月6日、英国ロンドンで「日産NV200」のロンドンタクシー仕様を公開した。

ニューヨークのイエローキャブ仕様に続いて公開された「日産NV200(日本名:NV200バネット)」ロンドン・ブラックキャブ仕様の売りは低燃費であること。効率のいい1.5リッターディーゼルエンジンを搭載することで、現役ロンドンタクシー「TX4」型と比較して約50%もの燃料が節約できるという。

前輪の切れ角を増やして、ロンドンタクシーに課せられている7.6mの最小回転直径をクリアしている。また、客室には大型のグラスルーフを装着し、乗客がロンドンの景色を楽しめるよう配慮されている。

ロンドン市が掲げる大気浄化戦略をにらんで提案された。2013年にはこれの電気自動車仕様による実証実験も計画されているそうだ。

(webCG 竹下)

イエローキャブ仕様に続き、ロンドン・ブラックキャブ仕様が公開された。
イエローキャブ仕様に続き、ロンドン・ブラックキャブ仕様が公開された。 拡大
前輪の切れ角を増やして、ロンドンタクシー用車両に課せられた「小回り」を実現。幅広のフロントフェンダーを装着したために、全幅は1.89mへ広げられている。
前輪の切れ角を増やして、ロンドンタクシー用車両に課せられた「小回り」を実現。幅広のフロントフェンダーを装着したために、全幅は1.89mへ広げられている。 拡大
広々とした客室。
広々とした客室。 拡大
頭上には大型のグラスルーフが備わる。
頭上には大型のグラスルーフが備わる。 拡大

関連キーワード:
NV200バネット日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産NV400(FF/6MT)【試乗記】 2014.12.24 試乗記 クルマとはその国の生活と文化を運ぶもの。“グローバル化”が進んでいるとはいえ、その形は同じではない。スペインで生産され、欧州を中心に販売されている大型の商用ワゴン「日産NV400」が持つ世界を、300kmあまりの試乗を通じて味わった。
  • 日産NV200バネット(FF/4AT)【試乗記】 2009.6.3 試乗記 日産NV200バネット(FF/4AT)
    ……186万3750円


    2009年5月に発表された「NV200バネット」。その特徴は、かなり個性的なデザインと、抜群の機能性がマッチしていること。クルマを道具として使い倒したいユーザー必見のニューモデルだ。
  • マツダ・アテンザセダン25S Lパッケージ/アテンザワゴンXD Lパッケージ【試乗記】 2018.7.12 試乗記 マツダの旗艦モデル「アテンザ」が、現行世代では過去最大といわれるほどの大幅改良を受けた。内外装のデザインや仕立てはもちろん、エンジン、ボディー、足まわりと、クルマを構成するあらゆる箇所がブラッシュアップされた最新モデルの出来栄えを確かめた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • 「日産NV200バネット ワゴン」に新グレード 2014.9.3 自動車ニュース 日産が「NV200バネット ワゴン」の仕様を変更。上級グレードを追加設定した。
ホームへ戻る