日産、「NV200」のロンドンタクシー仕様を公開

2012.08.09 自動車ニュース

日産、「NV200」のロンドンタクシー仕様を公開

欧州日産は2012年8月6日、英国ロンドンで「日産NV200」のロンドンタクシー仕様を公開した。

ニューヨークのイエローキャブ仕様に続いて公開された「日産NV200(日本名:NV200バネット)」ロンドン・ブラックキャブ仕様の売りは低燃費であること。効率のいい1.5リッターディーゼルエンジンを搭載することで、現役ロンドンタクシー「TX4」型と比較して約50%もの燃料が節約できるという。

前輪の切れ角を増やして、ロンドンタクシーに課せられている7.6mの最小回転直径をクリアしている。また、客室には大型のグラスルーフを装着し、乗客がロンドンの景色を楽しめるよう配慮されている。

ロンドン市が掲げる大気浄化戦略をにらんで提案された。2013年にはこれの電気自動車仕様による実証実験も計画されているそうだ。

(webCG 竹下)

イエローキャブ仕様に続き、ロンドン・ブラックキャブ仕様が公開された。
イエローキャブ仕様に続き、ロンドン・ブラックキャブ仕様が公開された。
前輪の切れ角を増やして、ロンドンタクシー用車両に課せられた「小回り」を実現。幅広のフロントフェンダーを装着したために、全幅は1.89mへ広げられている。
前輪の切れ角を増やして、ロンドンタクシー用車両に課せられた「小回り」を実現。幅広のフロントフェンダーを装着したために、全幅は1.89mへ広げられている。
広々とした客室。
広々とした客室。
頭上には大型のグラスルーフが備わる。
頭上には大型のグラスルーフが備わる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

NV200バネットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産NV200バネット(FF/4AT)【試乗記】 2009.6.3 試乗記 日産NV200バネット(FF/4AT)
    ……186万3750円


    2009年5月に発表された「NV200バネット」。その特徴は、かなり個性的なデザインと、抜群の機能性がマッチしていること。クルマを道具として使い倒したいユーザー必見のニューモデルだ。
  • 第7回:世界の街で働くクルマ 2013.9.26 特集 日産の試乗会から、日本にない商用車や、開発段階にある“未来の働くクルマ”を紹介。
  • スバル、2018年型の「レガシィ」をシカゴで公開 2017.2.3 自動車ニュース 富士重工業は2017年2月3日、米国・シカゴで開催される2017年 シカゴオートショー(開催期間:2月9日~20日)で、2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車を公開すると発表した。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • ルノー・カングー ゼンEDC(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.2 試乗記 「ルノー・カングー」に、1.2リッター直噴ターボエンジンとデュアルクラッチ式6段ATを搭載した新グレード「ゼンEDC」が登場。フランスの知日家エンジニアが取りまとめたという“日本向けカングー”の乗り味とは?
ホームへ戻る