日産、「NV200」のロンドンタクシー仕様を公開

2012.08.09 自動車ニュース

日産、「NV200」のロンドンタクシー仕様を公開

欧州日産は2012年8月6日、英国ロンドンで「日産NV200」のロンドンタクシー仕様を公開した。

ニューヨークのイエローキャブ仕様に続いて公開された「日産NV200(日本名:NV200バネット)」ロンドン・ブラックキャブ仕様の売りは低燃費であること。効率のいい1.5リッターディーゼルエンジンを搭載することで、現役ロンドンタクシー「TX4」型と比較して約50%もの燃料が節約できるという。

前輪の切れ角を増やして、ロンドンタクシーに課せられている7.6mの最小回転直径をクリアしている。また、客室には大型のグラスルーフを装着し、乗客がロンドンの景色を楽しめるよう配慮されている。

ロンドン市が掲げる大気浄化戦略をにらんで提案された。2013年にはこれの電気自動車仕様による実証実験も計画されているそうだ。

(webCG 竹下)

イエローキャブ仕様に続き、ロンドン・ブラックキャブ仕様が公開された。
イエローキャブ仕様に続き、ロンドン・ブラックキャブ仕様が公開された。
前輪の切れ角を増やして、ロンドンタクシー用車両に課せられた「小回り」を実現。幅広のフロントフェンダーを装着したために、全幅は1.89mへ広げられている。
前輪の切れ角を増やして、ロンドンタクシー用車両に課せられた「小回り」を実現。幅広のフロントフェンダーを装着したために、全幅は1.89mへ広げられている。
広々とした客室。
広々とした客室。
頭上には大型のグラスルーフが備わる。
頭上には大型のグラスルーフが備わる。
関連記事
  • 日産NV200バネット(FF/4AT)【試乗記】 2009.6.3 試乗記 日産NV200バネット(FF/4AT)
    ……186万3750円


    2009年5月に発表された「NV200バネット」。その特徴は、かなり個性的なデザインと、抜群の機能性がマッチしていること。クルマを道具として使い倒したいユーザー必見のニューモデルだ。
  • 「日産NV200バネット ワゴン」に新グレード 2014.9.3 自動車ニュース 日産が「NV200バネット ワゴン」の仕様を変更。上級グレードを追加設定した。
  • 日産NV200 ニューヨーク市タクシー 2013.10.9 画像・写真 間もなく本格稼働開始!「日産NV200」の“イエローキャブ”仕様を写真で紹介する。
  • 三菱デリカD:3 G(FF/4AT)【試乗記】 2011.12.6 試乗記 三菱デリカD:3 G(FF/4AT)
    ……203万7000円

    日産からOEM供給を受けて登場した、三菱の5ナンバーサイズミニバン「デリカD:3」。商用車ベースのミニバンに試乗し、あらためて気づいたこととは。
  • 日産「NV200バネット バン」の安全装備を強化 2014.10.16 自動車ニュース 日産が「NV200バネット バン」の仕様を変更。AT車にVDCを設定した。
  • アペリティフ365 in東京の会場から 2017.5.19 画像・写真 東京・渋谷区の代官山ヒルサイドテラスで、「アペリティフ365 in東京」が開催された。フランス人が好むとされる、食事の前に飲み物とアミューズ(おつまみ)を楽しむ“アペリティフ”という習慣を、日本でも楽しもうというイベントである。会場の様子を写真でリポートする。
  • 「ジープ・レネゲード」にBeatsとコラボした限定車登場 2017.5.19 自動車ニュース FCAジャパンは2017年5月19日、「ジープ・レネゲード」に特別仕様車「トレイルホークBeats Edition(ビーツエディション)」を設定し、同年6月10日に200台の台数限定で発売すると発表した。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • 「ジープ・チェロキー」に価格を抑えた限定車 2017.5.18 自動車ニュース FCAジャパンは、「ジープ・チェロキー」の特別仕様車「リミテッドスペシャル」を、2017年5月20日に50台の台数限定で発売する。価格は467万1000円。ベースとなった「リミテッド」から、約30万円抑えた価格が最大のセリングポイントとなる。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
ホームへ戻る