ホンダ、アヴァンシアをマイナーチェンジ

2001.09.08 自動車ニュース

ホンダ、アヴァンシアをマイナーチェンジ

本田技研工業は、上級ワゴン「アヴァンシア」をマイナーチェンジするとともに、走行性能を高めた新グレード「ヌーベルバーグ」(2.3リッター VTEC)を追加し、2001年9月7日から発売した。アヴァンシアは、1999年9月15日にデビュー。USアコードをベースに、「4ドアクラブデッキ」を謳うユニークなボディをのせ、2.3リッター直4と、3リッターV6を揃えた。斬新なスタイルが玄人受けしたものの、販売はふるわず。今回、「上級車」から「スポーティ」への路線変更とあいなった。

新たに設定された2.3リッターモデル「ヌーベルバーグ」は、「スポーティエレガンスワゴン」がテーマ。専用チェーンを施した低重心ローダウンサスペンションを採用、車高を15mm下げた。ストラットタワーバー、リアパフォーマンスロッドでボディを補強、「大径タイヤ(205/55R16)+専用16インチアルミホイール」で足もとをキメる。
外観デザインは、専用フロントグリルや前後左右にアンダースポイラーを装着、ダーククロムメッキドアハンドルなどが追加された。専用ボディ色として「ミラノレッド」と「レイズンモーブ・パール」が用意される。インテリアは専用ブラック内装とし、シートのデザインが変更されたほか、メタルビーティング(鍛金)調センターパネル/ドアパネル/シフトノブが装備される。価格は、215.0万円。

そのほか、FF車にもフロント/サイド/リア・アンダースポイラーを標準装備し、リア・パーソナルランプを追加した。またオプションとして、後席専用液晶モニターとGパッケージ(リア・2ウェイラウンジシート、リアシートテーブル、リアシートボックス、前席シートバックグリップ、リアドア、リアクォータープライバシーガラス)を設定、後席の快適性を上げたという。さらにヌーベルバーグ以外に木目調インパネセンターパネルを採用した。
価格は、全グレードが20万円前後引き下げられ、2.3リッターモデルの「L」207.0万円、「L-4」229.0万円、3リッターモデル「V」247.0万円、「V-4」269.0万円となる。

(webCG わたなべ)

 
ホンダ、アヴァンシアをマイナーチェンジの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・アコードツアラー 24TL スポーツスタイル(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2009.2.10 試乗記 ……389万4500円
    総合評価……★★★★★

    フルモデルチェンジで8代目になった「ホンダ・アコード」シリーズ。ボディを大型化し、全方位的に上質にしたという新型の実力を、アコードワゴンあらため「ツアラー」で試す。
  • ホンダ・アコード24iL(FF/5AT)/アコードツアラー24TL(FF/5AT)【試乗速報】 2008.12.24 試乗記 ホンダ・アコード24iL(FF/5AT)/アコードツアラー24TL(FF/5AT)
    ……411万5000円/362万7750円

    1976年の初代誕生から30余年。ホンダの世界戦略車「アコード」は、8代目となってどう変わったか?
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/CX-5 25S Lパッケージ【試乗記】 2017.8.10 試乗記 いい車とはなんだろう? その答えを見つけたければ、一気に遠くまで走ってみるといい。今回のロングドライブの相棒は「マツダCX-5」。名古屋をスタートして東海北陸道を北上し、和倉温泉を目指す300km余りの道のりで、同車とじっくり対話してみた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る