スズキ「ワゴンRソリオ」に「SWT」「X-II」追加。

2001.09.10 自動車ニュース

スズキ「ワゴンRソリオ」に「SWT」「X-II」追加。

スズキ株式会社は、2001年9月5日、スポーティさがウリの「ワゴンRソリオSWT」、お買い得感を強調する「ワゴンRソリオX-II」の2車を販売開始した。

「ワゴンRソリオ」はワゴンRの排気量拡大版たる「ワゴンR+」の発展型として、2000年に登場した。ソリオになって、1リッターに加え1.3リッターエンジンが加わった。いずれも直4DOHC16バルブである。トランスミッションは4ATのみ。

「ワゴンRソリオSWT」、「ワゴンRソリオX-II」共に、エンジンは、1リッターのみ。VVT(可変バルブ機構)のK10A型オールアルミDOHCエンジンを搭載。燃費は1リッター当たり19.6km(2WD)、18.0km(4WD)を達成(いずれも10・15モード)。軽量衝撃吸収ボディTECTを採用(64km/hオフセット全面衝突に対応)。さらに自動車税と自動車取得税が減額される「グリーン税制対象車」だ。車体色は、いずれもパールホワイト、シルバー、ブラック、ブルーの4色が設定される。(パール白のみ二万円高)。

「ワゴンRソリオSWT」のポイントは、スポーティーな外観と上級感の高い内装だという。
エクステリアは前後側面にアンダースポイラーを装着。またマフラーカッター、フォグランプ、アルミホイール、ルーフアンテナ、電動格納式リモコンドアミラーも標準装備する。
インテリアは2DINサイズのMD/CDステレオ、バケットタイプのフロントベンチシート(センターアームレスト付)、本皮巻ステアリングホイールを採用。さらに「SWT」ロゴ入り専用  フロアマットを装備している。
 価格は2WDが119.8万円、4WDが130.5万円。

「ワゴンRソリオX-II」は、高いコストパフォーマンスがウリ。
運転席・助手席SRSエアバック、4輪ABS、エアコン、パワーステアリング、キーレスエントリー、フルホイールキャップなどの装備を、99.8万円(2WD/4AT)で実現した。
4WD車は上記の装備に、ヒーテッドドアミラー、リヤミラー&ウォッシャー、運転席シートヒーターも装備して111.5万円だ。

ちなみに、ノーマルワゴンRソリオの1リッターモデル、2WDが107.8から121.3万円。4WDが119.5から132.0万円である。

(webCGカネヨシ)

お客様相談室:0120-402-253

 
スズキ「ワゴンRソリオ」に「SWT」「X-II」追加。の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ワゴンRの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
  • スズキ・ワゴンR FZ(FF/CVT)/ワゴンRスティングレー X(FF/CVT)【試乗記】 2014.9.8 試乗記 モーターによる電動アシスト機能「S-エネチャージ」を備え、32.4km/リッターの燃費を実現した「スズキ・ワゴンR」。新機構の効能と、あえて「ハイブリッド」と名乗らなかったその思惑を探る。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る