ホンダ、「バモス」をマイナーチェンジ

2001.09.10 自動車ニュース

ホンダ、「バモス」をマイナーチェンジ

ホンダは、2001年9月6日から、マイナーチェンジ版「バモス」を、発売した。

「バモス」は、1999年6月25日に発売された新規格軽自動車ワンボックス。内容的には、商用車「アクティ」の乗用車版。バモスの方が後席のデキがよく、値段が少々高い。

660ccの直列3気筒エンジンを横置きした、このクラス唯一のミドシップ・レイアウトが特徴、優れた前後重量バランスによる好ハンドリングがジマンだ。2001年2月に、ターボ車が追加設定された。

今回の変更では、外観はスタイリッシュに、内装はリアシートの使い勝手を向上させたという。また、シャコタン仕様「Sパッケージ」がメーカーオプションで設定された。主な変更点は以下の通り。

・新デザインのフロントグリル、バンパー(前後)などを採用し、よりシンプルで力強くスタイリッシュな外観を目指した。
・シートアレンジが多彩なフルフォールダウン機構付きリアシート(6:4分割可倒式)を採用。
・ 前後シート(座面、背もたれ)、ヘッドレストを大型にし、後席の足元スペースを30mm拡大。
・さらに、運転席アームレストを標準装備(ターボ、LタイプのAT車)。
・2DINオーディオ対応のセンターパネル
・ AM/FMチューナー付CDプレーヤーを標準装備(ターボ、Lタイプ)。
・L、Mタイプの走行性能、静粛性をさらに向上。NAユニットの出力がわずかに上がった(4WD車は53psと6.2kgm)。また燃費を向上し、2WD(SMT)車は、18km/リッターを達成したという(10・15モード)。
・ローダウン・スポーツサスペンション、13インチアルミホイールなどをセットしたメー カーオプション「Sパッケージ」を追加設定(ターボ、Lタイプ)。
・EBD(電子制御制動力配分システム)付ABS+ブレーキアシストをターボに標準装備。
・車体色は新色トルマリンブルー・メタリック、アメジストパープル・パールの2色を加 え、全8色を設定。
・平成12年排出ガス規制値を50%以下まで低減し、全車、国土交通省「優−低排出ガス」 認定を取得。

価格は、
「ターボ」
(2WD)4AT 139.8万円
(4WD)4AT 151.8万円

「L」
(2WD)5MT 119.4万円/3AT 125.8万円
(4WD)5MT 131.4万円/4AT 138.8万円

「M」
(2WD)5MT 109.4万円/3AT 115.8万円
(4WD)5MT 121.4万円/4AT 130.8万円

(webCGカネヨシ)

 
ホンダ、「バモス」をマイナーチェンジの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-ONE Premium Tourer・LOWDOWN(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.24 試乗記 全高が65mm下げられた「ホンダN-ONE」の「LOWDOWN(ローダウン)」に試乗した。スポーティーな外観を得て、立体駐車場にも入るようになったローダウンだが、逆に失ったものはないのだろうか?
  • ホンダN-ONE Premium Tourer 2トーンカラースタイル(FF/CVT)【試乗記】 2013.1.16 試乗記 ホンダN-ONE Premium Tourer 2トーンカラースタイル(FF/CVT)
    ……154万5000円

    ちょっとレトロな表情を見せる、ホンダの軽乗用車「N-ONE(エヌワン)」。そのクルマとしての仕上がりは? 巨匠 徳大寺有恒が確かめた。
  • スズキ、「SX4 Sクロス」に一部仕様変更を実施 2017.6.15 自動車ニュース スズキは、クロスオーバー「SX4 Sクロス」を一部仕様変更し、2017年7月6日に発売する。今回の変更の主な内容は、新しいフロントデザインの採用と内装の質感向上、6段ATの採用など。
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/ミラ イースL“SA III”【試乗記】 2017.6.12 試乗記 低価格・低燃費という、軽自動車の本質を徹底的に追求した「ダイハツ・ミラ イース」がフルモデルチェンジ。従来モデルやライバル車との比較をまじえつつ、「+αの魅力を追求した」という新型の実力を検証した。
ホームへ戻る