ホンダ、「バモス」をマイナーチェンジ

2001.09.10 自動車ニュース

ホンダ、「バモス」をマイナーチェンジ

ホンダは、2001年9月6日から、マイナーチェンジ版「バモス」を、発売した。

「バモス」は、1999年6月25日に発売された新規格軽自動車ワンボックス。内容的には、商用車「アクティ」の乗用車版。バモスの方が後席のデキがよく、値段が少々高い。

660ccの直列3気筒エンジンを横置きした、このクラス唯一のミドシップ・レイアウトが特徴、優れた前後重量バランスによる好ハンドリングがジマンだ。2001年2月に、ターボ車が追加設定された。

今回の変更では、外観はスタイリッシュに、内装はリアシートの使い勝手を向上させたという。また、シャコタン仕様「Sパッケージ」がメーカーオプションで設定された。主な変更点は以下の通り。

・新デザインのフロントグリル、バンパー(前後)などを採用し、よりシンプルで力強くスタイリッシュな外観を目指した。
・シートアレンジが多彩なフルフォールダウン機構付きリアシート(6:4分割可倒式)を採用。
・ 前後シート(座面、背もたれ)、ヘッドレストを大型にし、後席の足元スペースを30mm拡大。
・さらに、運転席アームレストを標準装備(ターボ、LタイプのAT車)。
・2DINオーディオ対応のセンターパネル
・ AM/FMチューナー付CDプレーヤーを標準装備(ターボ、Lタイプ)。
・L、Mタイプの走行性能、静粛性をさらに向上。NAユニットの出力がわずかに上がった(4WD車は53psと6.2kgm)。また燃費を向上し、2WD(SMT)車は、18km/リッターを達成したという(10・15モード)。
・ローダウン・スポーツサスペンション、13インチアルミホイールなどをセットしたメー カーオプション「Sパッケージ」を追加設定(ターボ、Lタイプ)。
・EBD(電子制御制動力配分システム)付ABS+ブレーキアシストをターボに標準装備。
・車体色は新色トルマリンブルー・メタリック、アメジストパープル・パールの2色を加 え、全8色を設定。
・平成12年排出ガス規制値を50%以下まで低減し、全車、国土交通省「優−低排出ガス」 認定を取得。

価格は、
「ターボ」
(2WD)4AT 139.8万円
(4WD)4AT 151.8万円

「L」
(2WD)5MT 119.4万円/3AT 125.8万円
(4WD)5MT 131.4万円/4AT 138.8万円

「M」
(2WD)5MT 109.4万円/3AT 115.8万円
(4WD)5MT 121.4万円/4AT 130.8万円

(webCGカネヨシ)

 
ホンダ、「バモス」をマイナーチェンジの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る