フォルクスワーゲン、仕様変更

2001.09.11 自動車ニュース

フォルクスワーゲン、仕様変更

フォルクスワーゲングループジャパンは、「ゴルフ」のハッチバックとワゴン及び、「ボーラ」の仕様を一部変更したと、2001年9月10日に発表した。

ゴルフシリーズにおける最大の変更点は、ハッチ、ワゴン両モデルにおいて、ベーシックグレード「E」の安全装備を充実させたこと。各輪のブレーキを個別に制御して車両の横滑りを防ぐ「ESP(電子制御式車両安定装置)」と、グリップを失ったホイールにブレーキをかける「EDS(電子制御式ディファレンシャルロックシステム)」が採用された。さらに「E」の1.6リッターエンジンを、電子スロットル化された新型とした。

一方「ボーラ」においては、中堅グレード「V5」の2.3リッターV5エンジンを、可変バルブタイミングシステムと電子スロットルを採用した新型としたほか、同グレードにEPSとEDSを標準装備した。

その他の変更点は以下の通り。

■ゴルフハッチバック
E:サイドミラーの大型化
CLi:サイドミラーの大型化
GLi:サイドミラーの大型化
GTi (AT):5段ティプトロニック トランスミッションの採用、サイドミラーの大型化
GTi (MT):サイドミラーの大型化
GTX:5段ティプトロニック トランスミッションの採用、サイドミラーの大型化
■ゴルフワゴン
E:サイドミラーの大型化
GLi:サイドミラーの大型化

■ボーラ
ボーラ:サイドミラーの大型化
ボーラV5:サイドミラーの大型化
ボーラV6 4MOTION:排気側にもバルブタイミングシステムを採用、サイドミラーの大型化

(webCGカネヨシ)

フォルクスワーゲン カスタマー センター
TEL:0070-800-551133

 
フォルクスワーゲン、仕様変更の画像

関連キーワード:
ゴルフボーラゴルフヴァリアントフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.12.20 試乗記 フォルクスワーゲンが最新モデル24台を集めたオールラインナップ試乗会を開催。新たなフラッグシップの「アルテオン」と、「ゴルフ」のホットバージョン2台を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI/R」にさらなる高性能モデル登場 2017.10.23 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年10月23日、「ゴルフGTI」および「ゴルフR」に特別仕様車「ゴルフGTIパフォーマンス」「ゴルフRパフォーマンス」をそれぞれ設定し、前者が500台、後者が100台の台数限定で発売した。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
ホームへ戻る