フォルクスワーゲン、仕様変更

2001.09.11 自動車ニュース

フォルクスワーゲン、仕様変更

フォルクスワーゲングループジャパンは、「ゴルフ」のハッチバックとワゴン及び、「ボーラ」の仕様を一部変更したと、2001年9月10日に発表した。

ゴルフシリーズにおける最大の変更点は、ハッチ、ワゴン両モデルにおいて、ベーシックグレード「E」の安全装備を充実させたこと。各輪のブレーキを個別に制御して車両の横滑りを防ぐ「ESP(電子制御式車両安定装置)」と、グリップを失ったホイールにブレーキをかける「EDS(電子制御式ディファレンシャルロックシステム)」が採用された。さらに「E」の1.6リッターエンジンを、電子スロットル化された新型とした。

一方「ボーラ」においては、中堅グレード「V5」の2.3リッターV5エンジンを、可変バルブタイミングシステムと電子スロットルを採用した新型としたほか、同グレードにEPSとEDSを標準装備した。

その他の変更点は以下の通り。

■ゴルフハッチバック
E:サイドミラーの大型化
CLi:サイドミラーの大型化
GLi:サイドミラーの大型化
GTi (AT):5段ティプトロニック トランスミッションの採用、サイドミラーの大型化
GTi (MT):サイドミラーの大型化
GTX:5段ティプトロニック トランスミッションの採用、サイドミラーの大型化
■ゴルフワゴン
E:サイドミラーの大型化
GLi:サイドミラーの大型化

■ボーラ
ボーラ:サイドミラーの大型化
ボーラV5:サイドミラーの大型化
ボーラV6 4MOTION:排気側にもバルブタイミングシステムを採用、サイドミラーの大型化

(webCGカネヨシ)

フォルクスワーゲン カスタマー センター
TEL:0070-800-551133

 
フォルクスワーゲン、仕様変更の画像

関連キーワード:
ゴルフボーラゴルフヴァリアントフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトハッチバック「ポロ」の新型が、いよいよ日本に上陸。世界で累計1400万台以上、日本に限っても25万台以上のセールスを記録する、ベストセラーモデルの出来栄えをチェックした。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.3.5 試乗記 クリーンディーゼルエンジンを搭載する「フォルクスワーゲン・パサート」が、いよいよ日本上陸。その乗り味にはどんな特徴があるのか、ワゴンの上級モデル「パサートヴァリアントTDIハイライン」に試乗して確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【海外試乗記】 2018.2.27 試乗記 間もなく日本に導入される6代目「フォルクスワーゲン・ポロ」。そのハイパフォーマンスバージョンである「GTI」に、フランスのニースで試乗した。ライバルに肩を並べる高い動力性能と、日常性を犠牲にしない洗練されたドライブフィールをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
ホームへ戻る