フォルクスワーゲン、仕様変更

2001.09.11 自動車ニュース

フォルクスワーゲン、仕様変更

フォルクスワーゲングループジャパンは、「ゴルフ」のハッチバックとワゴン及び、「ボーラ」の仕様を一部変更したと、2001年9月10日に発表した。

ゴルフシリーズにおける最大の変更点は、ハッチ、ワゴン両モデルにおいて、ベーシックグレード「E」の安全装備を充実させたこと。各輪のブレーキを個別に制御して車両の横滑りを防ぐ「ESP(電子制御式車両安定装置)」と、グリップを失ったホイールにブレーキをかける「EDS(電子制御式ディファレンシャルロックシステム)」が採用された。さらに「E」の1.6リッターエンジンを、電子スロットル化された新型とした。

一方「ボーラ」においては、中堅グレード「V5」の2.3リッターV5エンジンを、可変バルブタイミングシステムと電子スロットルを採用した新型としたほか、同グレードにEPSとEDSを標準装備した。

その他の変更点は以下の通り。

■ゴルフハッチバック
E:サイドミラーの大型化
CLi:サイドミラーの大型化
GLi:サイドミラーの大型化
GTi (AT):5段ティプトロニック トランスミッションの採用、サイドミラーの大型化
GTi (MT):サイドミラーの大型化
GTX:5段ティプトロニック トランスミッションの採用、サイドミラーの大型化
■ゴルフワゴン
E:サイドミラーの大型化
GLi:サイドミラーの大型化

■ボーラ
ボーラ:サイドミラーの大型化
ボーラV5:サイドミラーの大型化
ボーラV6 4MOTION:排気側にもバルブタイミングシステムを採用、サイドミラーの大型化

(webCGカネヨシ)

フォルクスワーゲン カスタマー センター
TEL:0070-800-551133

 
フォルクスワーゲン、仕様変更の画像

関連キーワード:
ゴルフボーラゴルフヴァリアントフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2013.7.7 試乗記 フルモデルチェンジで7世代目となった「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。このモデルには格別な思いがあるという巨匠 徳大寺有恒が、その仕上がりを吟味した。
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
ホームへ戻る