フォルクスワーゲン、仕様変更

2001.09.11 自動車ニュース

フォルクスワーゲン、仕様変更

フォルクスワーゲングループジャパンは、「ゴルフ」のハッチバックとワゴン及び、「ボーラ」の仕様を一部変更したと、2001年9月10日に発表した。

ゴルフシリーズにおける最大の変更点は、ハッチ、ワゴン両モデルにおいて、ベーシックグレード「E」の安全装備を充実させたこと。各輪のブレーキを個別に制御して車両の横滑りを防ぐ「ESP(電子制御式車両安定装置)」と、グリップを失ったホイールにブレーキをかける「EDS(電子制御式ディファレンシャルロックシステム)」が採用された。さらに「E」の1.6リッターエンジンを、電子スロットル化された新型とした。

一方「ボーラ」においては、中堅グレード「V5」の2.3リッターV5エンジンを、可変バルブタイミングシステムと電子スロットルを採用した新型としたほか、同グレードにEPSとEDSを標準装備した。

その他の変更点は以下の通り。

■ゴルフハッチバック
E:サイドミラーの大型化
CLi:サイドミラーの大型化
GLi:サイドミラーの大型化
GTi (AT):5段ティプトロニック トランスミッションの採用、サイドミラーの大型化
GTi (MT):サイドミラーの大型化
GTX:5段ティプトロニック トランスミッションの採用、サイドミラーの大型化
■ゴルフワゴン
E:サイドミラーの大型化
GLi:サイドミラーの大型化

■ボーラ
ボーラ:サイドミラーの大型化
ボーラV5:サイドミラーの大型化
ボーラV6 4MOTION:排気側にもバルブタイミングシステムを採用、サイドミラーの大型化

(webCGカネヨシ)

フォルクスワーゲン カスタマー センター
TEL:0070-800-551133

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る