マツダ、「スクラム」をマイナーチェンジ

2001.09.13 自動車ニュース

マツダ、「スクラム」をマイナーチェンジ

マツダは、軽乗用車「スクラムワゴン」に、DOHCエンジンを搭載するなどのマイナーチェンジを施し、2001年9月12日から、販売を開始した。

今回の改良における最大の特徴は、従来までのSOHCエンジン(64ps、10.4kgm)に替わって、高性能かつ低燃費とされるオールアルミ製のDOHCエンジンを搭載したこと。トルクは0.4kgm太くなり、10.8kgm/3500rpmとなった。さらに、NAエンジンが加わったのも新しい。

その他の主な変更点は以下の通り。

・全車のインパネデザインと形状を変更し、内装色に黒味を帯びたグレーを採用。スポーティさを演出
・運転席側パワーウインドに挟み込み防止機能を追加
・メッキ処理仕上げの4段インパネシフトATを採用(「スタンドオフ」を除く)
・グレード体系を整理
ターボ無しの廉価版「スタンドオフ」、よりスタイリッシュなロールーフを設定したターボモデル「スタンドオフターボ」、同じくターボ搭載で、CD/MDデッキ、電動格納式ドアミラーなどを採用した「スタンドオフエアロターボPZ」の3機種となった
・新ボディ色としてパールホワイトを設定(2.0万円高)

価格は、111.8万円から145.5万円。

同時に「スクラム」商用バン/トラックシリーズにもアルミDOHCエンジンが搭載されるなどのマイナーチェンジが施された。

(webCGカネヨシ)

マツダお客様相談センター

TEL:0120-386-919

 
マツダ、「スクラム」をマイナーチェンジの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • マツダの新型スクラムバン、スクラムワゴン発売 2015.3.10 自動車ニュース マツダの軽ワンボックスが新型に。クラストップレベルの広さと燃費を実現。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • メルセデス・ベンツEクラス クーペ【海外試乗記】 2017.3.30 試乗記 セダン、ステーションワゴンに続き、「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」がいよいよ最新世代へとフルモデルチェンジ。W114以来の伝統を誇る、スリーポインテッドスターのミディアムクーペの実力を、スペインはカタロニアで試した。
ホームへ戻る