キャディラックのニューモデル、名前は「XLR」

2001.09.17 自動車ニュース

キャディラックのニューモデル、名前は「XLR」

米ゼネラルモーターズ(GM)は、2003年モデルとして生産開始を予定する新型オープンモデルを「XLR」と命名した、と2001年9月11日に発表した。

「XLR」は、1999年のデトロイトショーでお披露目されたコンセプトカー「エボーク」をベースとした商品モデル。直線基調のエクステリアと先進技術がジマンの高級2シーターオープンだ。キャディラックが標榜するブランドコンセプト「アート&サイエンス」に基づいて開発された第1号となる。

GMがコンバーチブル専用として新設計したボディに、高出力を謳う4.6リッター「ノーススター」V8エンジンと、マニュアルモード付きの電子制御5段ATを搭載、後輪を駆動する。

全自動のリトラクタブルハードトップは独カートップシステムGmbH製。ミシュラン製のタイヤは、パンクしてもしばらく走り続けることのできるランフラットタイヤとなる。暗闇の中でも街並みや人の動きが見える暗視装置「ナイトビジョン」はオプション設定される。

製造は、米ケンタッキー州ボーリンググリーンにあるボーリンググリーンアッセンブル工場の、専用ラインで行われる。日本市場の導入時期などは未定だ。(写真はコンセプトカー「エボーク」)

(webCG 有吉)

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XLRの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • キャデラックXLR(5AT)【試乗記】 2005.1.5 試乗記 キャデラックXLR(5AT)
    ……1200.0万円

    「メルセデス・ベンツSL」に挑む、キャデラックのラクシャリーロードスター「XLR」。自動車ジャーナリストの島下泰久が、ジャーマンとアメリカンの違いを探る。


  • キャディラックXLR(5AT)【ブリーフテスト】 2004.7.17 試乗記 ……1207.5万円
    総合評価……★★★★

    キャディラックが“ウルトラ・ラクシュリー・ロードスター市場”に投入した「XLR」。「メルセデスベンツSL500」や「ジャガーXK8」を向こうにまわす、新世代“キャディ”に、自動車ジャーナリストの金子浩久が乗った。


  • 「キャデラックXLR」に特別限定車、世界で250台、日本導入は3台のみ 2005.11.21 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・アジアパシフィック・ジャパンは、「キャデラックXLR」の特別限定車「スターブラック リミテッド・エディション」を、2005年11月17日に発売した。
  • キャディラックXLR(5AT)【試乗記】 2004.3.9 試乗記 キャディラックXLR(5AT)
    ……1150.0万円

    伝統ブランドの老化に危機感をおぼえ、「日欧車に真っ向勝負!」を打ち出した新世代キャディラック。4ドアセダン「CTS」に続いて、ラクシャリーロードスターたる「XLR」を、わが国でもリリースした。『webCG』コンテンツエディターのアオキが乗った。


  • キャデラックXLR(FR/5AT)【試乗記】 2005.6.11 試乗記 キャデラックXLR(FR/5AT)
    ……1200.0万円

    新世代「キャデラック」の旗艦「XLR」は、スタイリングと幌開閉時の派手な動作で目立ち度は抜群だ。自動車ジャーナリストの島下泰久は、いかにも無駄の多いこういうクルマがなくてはつまらないという。


ホームへ戻る