星野道夫写真展、ツインリンクもてぎで開催

2001.09.17 自動車ニュース

星野道夫写真展、ツインリンクもてぎで開催

動物写真家 星野道夫氏の写真展「Alaska〜極北の命〜」が、2001年9月22日から10月21日までの20日間、栃木県のツインリンクもてぎで開催される。

今回の写真展のテーマは、「極北の生命の輝きや、厳しい自然の中でたくましく生きている動物たちの生きる力の素晴らしさ、人と自然、そしてモビリティと自然など、ご来場いただいた多くの方々と感動を分かち合い、共感の輪を広げること」。1978年にアラスカ大学に留学、同時に写真家としてのキャリアをスタートさせた星野氏が、長年に渡って撮り続けたアラスカの野生動物や自然を観ることができる。
作品数は200点以上。ツインリンクもてぎ内の「ファンファンラボ」「Hondaコレクションホール」など4会場で展示される。写真展は入場無料、ただしツインリンクもてぎへの入場料や駐車料は別途必要となる。

星野道夫氏 略歴
1952年千葉県市川市生まれ
1971年アラスカにて一夏を過ごす
1976年慶応義塾大学経済学部卒業。田中光常氏の助手を務める
1978年アラスカ大学野生動物管理学部、入学。同時に撮影活動をスタート
1986年第3回アニマ賞受賞
1990年第15回木村伊兵衛写真賞受賞
1996年8月8日、ロシア・カムチャッカ半島クルリ湖畔にて逝去。享年43歳

(webCGカネヨシ)

問い合わせ:ツインリンクもてぎ「ファンボウルステーション」内「星野道夫写真展」実行委員会(電話0285-64-0158)

「ツインリンクもてぎ」:
http://www.honda.co.jp/motegi

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。