マツダ「ボンゴフレンディ」を改良

2001.09.21 自動車ニュース

マツダ「ボンゴフレンディ」を改良

マツダは、ミニバン「ボンゴフレンディ」の商品改良を実施。外装デザインの変更や装備充実を図り、2001年9月25日に発売する。

ルーフがロフト化する「オートフリートップ」の形状を変更したのが大きな変更点。さらに、従来までセンターだけに設けられたサンルーフに加え、前端部分にもサンルーフを新設した。またセンターサンルーフもサイズを拡大し、開放感を演出した。

エアロパーツなどで飾ったパッケージ「エアロバージョン」の内容も変更。ハロゲン式に較べ明るいディスチャージヘッドランプを標準で備えたほか、リアアンダースポイラーを「安定性を強調する」(プレスリリース)デザインにするなどした。

価格は、2.0リッター直4が、199.8から269.8万円、2.5リッターV6は229.8から279.8万円、2.5リッターディーゼルは、264.3から335.8万円。

(webCG わたなべ)

 
マツダ「ボンゴフレンディ」を改良の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。