「STUDIO MINI」、代官山にオープン

2001.09.27 自動車ニュース

「STUDIO MINI」、代官山にオープン

BMWジャパンは、2002年春に日本発売を予定する「MINI」のコンセプトスペース「STUDIO MINI」を、2001年9月28日、東京・代官山にオープンする。

「STUDIO MINI」とは、「新世代カルチャーのコラボレーション」をキーワードに、カフェやレストラン、ギャラリーやイベントなどを展開する多目的スペースのこと。総合プロデューサーに、「YELLOW」「CAVE」など日本を代表するクラブを手がけた村田大造氏を迎え、「MINI」の購買ターゲットとなる20、30代層へアピールする。

「MINI」の新しいシンボルマークやフレームデザインで飾られた店内は、地上1階、地下2階で構成される。1階には、「昼夜を問わないコミュニケーション空間」(MINI公式サイト)たるレストラン・カフェ「FRAMES」、地下1階には、トップアーティストのプライベートワークなど、ここでしか見られない作品の数々を週がわりで公開するギャラリー/ラウンジ「DRESS」、そして地下2階には、DJやアーティストらが週末毎にパフォーマンスを繰り広げる「air」がある。

イベントの内容など詳細はホームページにて近日公開予定という。

「STUDIO MINI」
住所: 東京都渋谷区猿楽町2-11 氷川ビル
アクセス: 東急東横線代官山駅から徒歩10分、JR渋谷駅から徒歩6分)
営業時間: 11:00amから翌5:00am(FRAMES)、11:00amから9:00pm(DRESS)、催事内容によって変動(air)
ホームページ:
http://www.mini.ne.jp

 
「STUDIO MINI」、代官山にオープンの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 3ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
ホームへ戻る