「STUDIO MINI」、代官山にオープン

2001.09.27 自動車ニュース

「STUDIO MINI」、代官山にオープン

BMWジャパンは、2002年春に日本発売を予定する「MINI」のコンセプトスペース「STUDIO MINI」を、2001年9月28日、東京・代官山にオープンする。

「STUDIO MINI」とは、「新世代カルチャーのコラボレーション」をキーワードに、カフェやレストラン、ギャラリーやイベントなどを展開する多目的スペースのこと。総合プロデューサーに、「YELLOW」「CAVE」など日本を代表するクラブを手がけた村田大造氏を迎え、「MINI」の購買ターゲットとなる20、30代層へアピールする。

「MINI」の新しいシンボルマークやフレームデザインで飾られた店内は、地上1階、地下2階で構成される。1階には、「昼夜を問わないコミュニケーション空間」(MINI公式サイト)たるレストラン・カフェ「FRAMES」、地下1階には、トップアーティストのプライベートワークなど、ここでしか見られない作品の数々を週がわりで公開するギャラリー/ラウンジ「DRESS」、そして地下2階には、DJやアーティストらが週末毎にパフォーマンスを繰り広げる「air」がある。

イベントの内容など詳細はホームページにて近日公開予定という。

「STUDIO MINI」
住所: 東京都渋谷区猿楽町2-11 氷川ビル
アクセス: 東急東横線代官山駅から徒歩10分、JR渋谷駅から徒歩6分)
営業時間: 11:00amから翌5:00am(FRAMES)、11:00amから9:00pm(DRESS)、催事内容によって変動(air)
ホームページ:
http://www.mini.ne.jp

 
「STUDIO MINI」、代官山にオープンの画像
関連記事
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • MINIクーパーS(FF/6MT)【試乗記】 2014.6.30 試乗記 より大きく、力強く、かつ効率的に生まれ変わった「MINI」。持ち前のゴーカートフィーリングは健在だが、この新型では“何か”が、旧型とは根本的に違っていた。その何かとは……。高性能仕様「クーパーS」で箱根を目指した。
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • MINIクーパーSD クラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.25 試乗記 ユニークな6枚ドアを持つ「MINIクラブマン」、そのクリーンディーゼル搭載モデルに試乗。中でもパワフルな「クーパーSD クラブマン」は、MINIの生みの親であるアレック・イシゴニスも驚くであろう、相反する魅力を持ち合わせていた。
ホームへ戻る