3リッターV6搭載のアルファ「スパイダー」発売

2001.09.27 自動車ニュース

3リッターV6搭載のアルファ「スパイダー」発売

フィアットオートジャパンは、オープン2シーター「アルファ・スパイダー」のエンジンを、2リッター直4から3リッターV6モデルに変更、「スパイダー3.0 V6 24V」として、2001年9月8日から販売を開始した。本国では既に発売されていた3リッターモデルが、やっと日本に導入されたことになる。これにより、2リッター“ツインスパーク”モデルの販売は終了した。

GTVと同じ、Vバンク角60度、総排気量2958ccのオールアルミ製V6 DOHC24バルブエンジンは、218ps/6300rpm、27.0kgm/5000rpmを発生。6段マニュアルを介し、前輪を駆動する。さらにGTV同様、電子制御スロットルコントロールを採用したのもポイントといえる。

また、欧州排ガス規制の最新版「フェーズ3」に対応した、排気制御装置の不具合を判別する故障診断システム「EOBD(European On Board Diagnostic)」が装備されたのも新しい。

なお、装備などは2リッターモデルと同じ内容となる。

価格は、2リッターモデルの45.0万円高、455.0万円。

(webCG 有吉)

 
3リッターV6搭載のアルファ「スパイダー」発売の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ4Cスパイダー(MR/6AT)【試乗記】 2016.2.25 試乗記 アルファ・ロメオのスポーツカー「4C」に、オープンバージョンの「スパイダー」が登場。フェラーリをはじめ、これまでMRスポーツに乗り継いできた清水草一が、その走りをリポートする。
  • アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)【試乗記】 2015.8.17 試乗記 アルファ・ロメオのヒストリーにおいて、極めてまれな量産型のMRスポーツカー「4C」に試乗。カーボンを用いた軽量ボディーや専用設計のシャシー、最新のターボエンジンは、どんな走りをもたらすのか? 燃費の上方も、あわせて報告する。
  • 第53回:カーマニア、堕落の選択 2017.8.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第53回は「カーマニア、堕落の選択」。5年後に還暦を迎える筆者が、次なる“牛丼車”として狙いを定めたのは、「BMW 320d」。その、安全性能は十分か否か? 「3シリーズ」の自動ブレーキとACCの進化の変遷に迫る。
  • 「アルファ4C/4Cスパイダー」に創業107周年記念の特別仕様車 2017.4.25 自動車ニュース FCAジャパンは2017年4月25日、アルファ・ロメオの創業107周年を記念した特別仕様車「4C/4C Spider 107th Edition」を設定し、2017年5月1日から6月30日までの期間限定で注文を受け付けると発表した。
  • アルファ・ロメオ4Cスパイダー(MR/6AT)【レビュー】 2016.1.29 試乗記 アルファ・ロメオのコンパクトなミドシップスポーツカー「4C」に、オープンエアモータリングを楽しめるロールトップの「スパイダー」が登場。オープンモデルならではのスタイリングや、クーペからのドライビングフィールの変化について報告する。
ホームへ戻る