3リッターV6搭載のアルファ「スパイダー」発売

2001.09.27 自動車ニュース

3リッターV6搭載のアルファ「スパイダー」発売

フィアットオートジャパンは、オープン2シーター「アルファ・スパイダー」のエンジンを、2リッター直4から3リッターV6モデルに変更、「スパイダー3.0 V6 24V」として、2001年9月8日から販売を開始した。本国では既に発売されていた3リッターモデルが、やっと日本に導入されたことになる。これにより、2リッター“ツインスパーク”モデルの販売は終了した。

GTVと同じ、Vバンク角60度、総排気量2958ccのオールアルミ製V6 DOHC24バルブエンジンは、218ps/6300rpm、27.0kgm/5000rpmを発生。6段マニュアルを介し、前輪を駆動する。さらにGTV同様、電子制御スロットルコントロールを採用したのもポイントといえる。

また、欧州排ガス規制の最新版「フェーズ3」に対応した、排気制御装置の不具合を判別する故障診断システム「EOBD(European On Board Diagnostic)」が装備されたのも新しい。

なお、装備などは2リッターモデルと同じ内容となる。

価格は、2リッターモデルの45.0万円高、455.0万円。

(webCG 有吉)

 
3リッターV6搭載のアルファ「スパイダー」発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アルファ スパイダーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アルファ・ロメオ4Cスパイダー(MR/6AT)【試乗記】 2016.2.25 試乗記 アルファ・ロメオのスポーツカー「4C」に、オープンバージョンの「スパイダー」が登場。フェラーリをはじめ、これまでMRスポーツに乗り継いできた清水草一が、その走りをリポートする。
  • アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)【試乗記】 2015.8.17 試乗記 アルファ・ロメオのヒストリーにおいて、極めてまれな量産型のMRスポーツカー「4C」に試乗。カーボンを用いた軽量ボディーや専用設計のシャシー、最新のターボエンジンは、どんな走りをもたらすのか? 燃費の上方も、あわせて報告する。
  • アルファ・ロメオ、各モデルに新ブランドロゴを採用 2017.2.8 自動車ニュース FCAがアルファ・ロメオの全ラインナップにマイナーチェンジを実施し、同日2月18日に販売を開始する。今回の改良では新しいブランドロゴを採用したほか、内外装のデザイン変更や、装備設定およびグレード体系の見直しも行っている。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
ホームへ戻る