ニューチェロキー、324.5万円から

2001.09.27 自動車ニュース

ニューチェロキー、324.5万円から

ダイムラー・クライスラー日本は、新型「ジープ・チェロキー」の販売を、2001年10月13日から開始すると発表した。

18年ぶりにフルモデルチェンジを受けたチェロキー(本国名リバティ)は、ボディデザインに“ジープ”のイメージを上手に取り込みながら、サイズはひとまわり大きく、全長×全幅×全高=4485×1820×1840mmとなった。エンジンは、4リッターストレート6を捨て、新たに3.7リッターV6エンジン(210ps、32.1kgm)を搭載。日本では、4段ATと組み合わされる。
一新されたシャシーは、フロントがダブルウィッシュボーン/コイル形式の独立懸架となり、オンロード性能に配慮。リアはリジッドのままながら、スプリングがフロント同様、コイルスプリングに変更された。オフロード走行に備え、前後とも20cmのトラベルをもつという。ステアリングギアが、パワーアシスト付きのラック&ピニオンになったのも新しい。「セレクトラック」と呼ばれる、本格的なパートタイム4WDシステムは、もちろん継承された。

グレードは、トリムレベルによって2種類が用意される。
・「スポーツ」:324.5万円
・「リミテッド」:368.5万円

なお、リミテッドのデリバリーは、11月中旬からの予定だ。

(写真=郡大二郎/文=webCGアオキ)

 
ニューチェロキー、324.5万円からの画像

関連キーワード:
チェロキージープ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.2.8 試乗記 「レネゲード」とともにジープのエントリーレベルを担う都会派SUV「コンパス」が、2代目にフルモデルチェンジ。世界4大陸の工場で生産されるグローバルモデルの出来栄えを、車内の利便性や乗り心地、運転のしやすさなど、さまざまな視点から確かめた。
  • ジープ・コンパス ロンジチュード(FF/6AT)/コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2017.11.10 試乗記 ジープの都会派SUV「コンパス」がフルモデルチェンジして2代目に。オンロード走行もソツなくこなす“アーバン系ジープ”の最新モデルの出来栄えやいかに? 他ブランドのSUVにはない、ジープならではの魅力を探った。
  • ロータス・エリーゼ スプリント220(MR/6MT)【試乗記】 2018.5.19 試乗記 ロータスの軽量スポーツカー「エリーゼ」に、さらなる軽量化によって運動性能を高めた「スプリント」シリーズが登場。ファンにとって懐かしいモデル名をよみがえらせた新グレードは、どのような走りを見せるのか? 過給機付きの「スプリント220」で確かめた。
  • メルセデス・ベンツG500(4WD/9AT)/メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【海外試乗記】 2018.5.15 試乗記 ヘビーデューティーSUV「メルセデス・ベンツGクラス」が1979年のデビュー以来、初のフルモデルチェンジ! スクエアなデザインを受け継ぎながらも、フロントサスペンションなどは大幅に刷新された。軽やかで強烈な走りを報告する。
  • マツダが「アテンザ」を大幅改良 2018.5.24 自動車ニュース マツダがフラッグシップモデル「アテンザセダン/ワゴン」に大幅改良を実施。内外装のデザインを一新したほか、ゆとりある走りと快適な乗り心地、高い静粛性を実現するため、エンジンや足まわり、ボディーにも手を加えている。
ホームへ戻る