日産、「スカイライン」に4WDを追加

2001.10.01 自動車ニュース

日産、「スカイライン」に4WDを追加

日産自動車は、「スカイライン」の2.5リッターモデルに4WD車を追加設定、「250GT FOUR」として、2001年9月26日に発売した。

4WDシステムは、日産ジマンの「アテーサE-TS(ATTESA E-TS、Advanced Total Traction Engineering System for All, Electronic-torque split)」に、雪道用の「スノーシンクロモード」を付けた最新版「スノーシンクロモード付きアテーサE-TS」。前後輪の駆動配分を電子制御するこのシステムは、通常走行時の前:後=0:100から、雪道など滑りやすい路面では最大50:50までトルク配分を変化させる。
さらに、トルク配分をほぼ50:50に固定、発進後は、50:50から20:80の間で、駆動を無段階連続制御する「シンクロモード」に、「スノーモード」が加わった。スノーモードとは、タイヤの滑り具合によってエンジン出力を自動調整、「氷雪路での発進性と走行性能を高めた」(プレスリリース)。

トランスミッションは、2.5リッターに採用される4段ATではなく、3リッターモデルと同じ5段ATが組み合わされる。

価格は、ベーシックな「250GT FOUR」が310.0万円、本革シートをオプション装備する「Pコレクション」および、スポーティな黒いエクセーヌ内装の「Sコレクション」は、321.0万円。FRモデルより30.0万円高となる。

(webCG 有吉)

 
日産、「スカイライン」に4WDを追加の画像

関連キーワード:
スカイライン日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第2回:独創のGT-R
    技術とプライドの6気筒エンジン
    2017.7.13 自動車ヒストリー 日産がレースでの必勝を期して投入した「スカイライン」のハイパフォーマンスモデル「GT-R」。あまたの逸話に彩られた同車の歴史を、その前身である「プリンス・スカイラインGT」のエピソードとともに紹介する。
  • 第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー 2018.5.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第89回は「ボディーに突き刺さったリアピラー」。「日産GT-R」デザイン考。筆者イチオシの“リアピラーの折れ曲がり”、その意図とは!? 中村史郎氏のコメントを交え、開発当時の思いに迫る。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • 第93回:高齢者の免許返納義務化は是か非か 2018.6.5 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第93回は「高齢者の免許返納義務化は是か非か」。増え続ける高齢者の事故、その解決策は免許返納しかないのか!? クルマと運転を愛するカーマニアとして、筆者が期待する未来のクルマ社会とは? 
  • カワサキZ900RSカフェ(MR/6MT)【レビュー】 2018.6.7 試乗記 2017年末にデビューするや、往年の名車「カワサキZ1」を思わせる姿でベテランライダーのハートをわしづかみにした「Z900RS」。今回は、一段とスポーティーなたたずまいを見せる、その“カフェレーサー仕様”に試乗した。
ホームへ戻る