日産、「スカイライン」に4WDを追加

2001.10.01 自動車ニュース

日産、「スカイライン」に4WDを追加

日産自動車は、「スカイライン」の2.5リッターモデルに4WD車を追加設定、「250GT FOUR」として、2001年9月26日に発売した。

4WDシステムは、日産ジマンの「アテーサE-TS(ATTESA E-TS、Advanced Total Traction Engineering System for All, Electronic-torque split)」に、雪道用の「スノーシンクロモード」を付けた最新版「スノーシンクロモード付きアテーサE-TS」。前後輪の駆動配分を電子制御するこのシステムは、通常走行時の前:後=0:100から、雪道など滑りやすい路面では最大50:50までトルク配分を変化させる。
さらに、トルク配分をほぼ50:50に固定、発進後は、50:50から20:80の間で、駆動を無段階連続制御する「シンクロモード」に、「スノーモード」が加わった。スノーモードとは、タイヤの滑り具合によってエンジン出力を自動調整、「氷雪路での発進性と走行性能を高めた」(プレスリリース)。

トランスミッションは、2.5リッターに採用される4段ATではなく、3リッターモデルと同じ5段ATが組み合わされる。

価格は、ベーシックな「250GT FOUR」が310.0万円、本革シートをオプション装備する「Pコレクション」および、スポーティな黒いエクセーヌ内装の「Sコレクション」は、321.0万円。FRモデルより30.0万円高となる。

(webCG 有吉)

 
日産、「スカイライン」に4WDを追加の画像

関連キーワード:
スカイライン日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 ターボエンジンを搭載する新時代のV8ミドシップフェラーリ、「488GTB」に試乗。今やピークパワーが670psに達した跳ね馬の自慢は、ここ一番の速さだけではなかった。日常をさらりとスマートにこなす、大人な振る舞いをも身につけていた。
  • 第56回:激安店の粗悪車(?)に賭けろ! 2017.8.29 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第56回は「激安車の粗悪車(?)に賭けろ!」。諸経費の高さに驚きつつも、「BMW 320d」の購入に踏み切った筆者。いったいナゼ!? 安心をとるか、リスクをとるか。中古車選びには常に賭けがつきまとう。
  • 日産スカイラインGTS-R ETC出場車(1988年) 2017.5.24 画像・写真 欧州ツーリングカー選手権やスパ・フランコルシャン24時間レースに参戦。世界に挑んだ初めてワークス・スカイラインこと「スカイラインGTS-R ETC」が、日産名車生クラブによってレストアされることとなった。その姿を写真で紹介する。
  • 日産スカイライン350GT ハイブリッド Type P(FR/7AT)【試乗記】 2014.3.19 試乗記 ハイブリッド車となって登場した、13代目「スカイライン」。日本のセダンのビッグネームは、どのような進化を遂げたのか? 最も人気の高いグレードで、その仕上がりを確かめた。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
ホームへ戻る