ボルボから、2台の特別限定車

2001.10.03 自動車ニュース
 

ボルボから、2台の特別限定車

ボルボカーズジャパンは、4ドアセダン「S60」およびライトSUV「クロスカントリー」に、それぞれ特別仕様車を設定、2001年10月1日から12月末日までの期間限定で販売を開始した。



 

■スポーティな「S60 T-5 スポーツリミテッド」(写真上)

アッパーミドルクラスセダン「S60」の上級グレード「T-5」(2318cc 直5DOHCハイプレッシャーターボ搭載)をベースに、スポーツレザーシート、専用アルミニウムパネル、専用17インチアルミホイールなどを特別装備。スポーティ感を出した。
加えて、オプションパッケージとして、BBS社製の18インチアルミホイール「Nebula」と、235/40ZR18タイヤ、専用スポーツサスペンションで構成される「スポーツプラスパッケージ」(15.0万円)も用意される。
価格は、ベース車の35.0万円高、555.0万円。

■発売1周年記念「クロスカントリー2.4Tファーストアニバーサリー」(写真下)

2000年9月に国内導入された、「SUVとエステートの融合」を謳う4WD「クロスカントリー」の、発売1周年記念モデルだ。
上級グレード「2.4T」(2434cc 直5DOHCライトプレッシャーターボ搭載)をベースに、未舗装路走行時にボディ下を保護する「フロント/リア・スキッドプレート」や、フロントフォグランプを特別装備。加えて室内には、レザーシートと、CD/MDプレーヤー付きAM/FMステレオ+200Wハイパワーアンプ+8スピーカーを採用した。
約50.0万円相当の装備を与えつつ、ベースモデルの15.0万円高に抑えた。545.0万円。

(webCG 有吉)

「ボルボカーズジャパン」:
http://www.volvocars.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)/V60ポールスター(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.4.19 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれた「ボルボS60/V60ポールスター」が進化を遂げて帰ってきた。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに改め、367psに強化された新型の走りやいかに?
  • ボルボXC60 T6 AWD(4WD/8AT)/XC60 D5 AWD(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.6.29 試乗記 2017年秋に日本での発売が予定される2代目「ボルボXC60」に、スペインで試乗。ボルボ全販売台数の30%を占めるという売れ筋SUVはどう変わったのか、ガソリン車の「T6 AWD」とディーゼル車「D5 AWD」でチェックした。
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)【試乗記】 2016.9.20 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれたハイパフォーマンスモデル「ボルボS60ポールスター」に試乗。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに変更し、さらにパワーアップした新型の走りをリポートする。
ホームへ戻る