スバル・フォレスター「STI」にMTモデル

2001.10.03 自動車ニュース

スバル・フォレスター「STI」にMTモデル

富士重工業のモータースポーツ専門会社スバルテクニカインターナショナル(STI)は、スバル「フォレスター」に専用チューニングを施したスポーツモデル「STI II タイプM」を、2001年10月1日に発売した。

「フォレスターSTI II タイプM」は、2リッター水平対向4気筒ターボを搭載する「S/tb」の5MTがベース。今まで、スポーツモデルを謳うにもかかわらずATしか選べなかった「フォレスターSTI」に、ようやく加わったMT車だ。エンジンや足回りに、STIの専用チューニングを施し、ハイパフォーマンスモデルに仕上げた。

主な内容は以下のとおり。

・エンジンの吸排気系に専用部品を装着。加えて専用チューニングを施した電子制御ユニット「スポーツEUC」を搭載し、ベース車比で10psアップの250psを出力

・専用スポーツマフラーを採用。メインマフラーの内部構造をチューニングすることで低背圧化し、エンジン性能の向上を図った

・アルミ製インタークーラーダクト、シリコン製エアダクトホースを採用。インタークーラーおよびエンジンへ効率的に空気を送り込むようにした

・専用チューニングのフロントサスペンションを採用。シャープなハンドリングを目指した

・RAYS製17インチアルミホイールを装着した

・スポーティモデル「S/tb-STi2」(4AT)と同様、全高を45mmローダウン化。エアロパーツを装着しスポーティさを演出した

販売台数は800台限定。価格は、ベース車プラス40.3万円で、260.0万円(東京・大阪・名古屋地区)。

(webCG 有吉)

スバル「フォレスターSTI II タイプM」:
http://www.subaru-sti.co.jp/typeM/

 
スバル・フォレスター「STI」にMTモデルの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
ホームへ戻る