カムリグラシア、一部改良

1998.08.19 自動車ニュース
980819_025.gif

カムリグラシア、一部改良(8/19)

トヨタ自動車は「カムリグラシアセダン」と「カムリグラシアステーションワゴン」を一部改良し、8月7日より発売した。

「カムリグラシアセダン」においては4WDシステム「Vフレックスフルタイム4WD」が新設定されたのが新しい点だ。

「カムリグラシアステーションワゴン」では価格のこなれた「Vセレクション」が今回あらたに2.2リッターのラインナップに追加された。

セダンとステーションワゴンに共通した改良点として、全車にプリテンショナー&フォースリミッター付前席シートベルトが装備されたことをはじめ、2.5リッターにはロックアップクラッチの作動領域を低速にまで拡大したオートマチックトランスミッションECT-iEを採用、さらに一部グレードにスカイフックTEMSや本革シートが設定されたことがあげられる。外板色として5色が新設定されたのも特徴だ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カムリの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る