カムリグラシア、一部改良

1998.08.19 自動車ニュース
980819_025.gif

カムリグラシア、一部改良(8/19)

トヨタ自動車は「カムリグラシアセダン」と「カムリグラシアステーションワゴン」を一部改良し、8月7日より発売した。

「カムリグラシアセダン」においては4WDシステム「Vフレックスフルタイム4WD」が新設定されたのが新しい点だ。

「カムリグラシアステーションワゴン」では価格のこなれた「Vセレクション」が今回あらたに2.2リッターのラインナップに追加された。

セダンとステーションワゴンに共通した改良点として、全車にプリテンショナー&フォースリミッター付前席シートベルトが装備されたことをはじめ、2.5リッターにはロックアップクラッチの作動領域を低速にまで拡大したオートマチックトランスミッションECT-iEを採用、さらに一部グレードにスカイフックTEMSや本革シートが設定されたことがあげられる。外板色として5色が新設定されたのも特徴だ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カムリの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・カムリ ハイブリッド“Gパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2012.1.4 試乗記 トヨタ・カムリ ハイブリッド“Gパッケージ”(FF/CVT)
    ……350万750円

    高い燃費性能をうたう「カムリ ハイブリッド」で長距離ドライブを決行。東京から福島までの往復約800kmで、その走りと燃費を試した。
  • トヨタ・カムリ ハイブリッド“Gパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2011.10.12 試乗記 トヨタ・カムリ ハイブリッド“Gパッケージ”(FF/CVT)
    ……350万750円

    ミドル級セダン「トヨタ・カムリ」の8代目がデビュー。新たなハイブリッドシステムを手に入れた、新型の走りや乗り心地をリポートする。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
ホームへ戻る