メルセデスSLに新エンジン

1998.08.20 自動車ニュース
980820_026.gif

メルセデスSLに新エンジン(8/20)

メルセデスベンツ日本株式会社は「メルセデスベンツSL」にマイナーチェンジを施し、8月17日より発売した。眼目は新V8の搭載で、価格は「SL320」が990.0万円、「SL500」が1250万円。

「SLシリーズ」に搭載されるエンジンはすでにSクラスやEクラスなどに積まれている新世代の軽量V8だ。デュアルイグニッションに3バルブレイアウトのヘッドをもち、高効率、低燃費をセリングポイントとしたものである。「SL320」の3.2リッターユニットは最高出力224ps、「SL500」の5リッターユニットは306psを発生する。

「SL320」と「SL500」に共通する変更点としては、リアコンビネーションランプのデザインとドアミラーの形状が新しくなったことをはじめ、ドアハンドルがボディ外板色とカラーキーされたこと、17インチアルミホイールの採用、メーターとステアリングホイールとシフトノブが新意匠のものとなったこと、さらにESP(エレクトロニックスタビリティプログラム)の標準装備などがあげられる。

「SL320」の変更点は、右ハンドル仕様追加、本革(ナッパレザー)シートの標準装備があげられる。「SL500」の場合、本革とウォールナットウッドのコンビネーション・ステアリングホイールおよびシフトノブが新たに採用されたことに加え、本革シートの材質がナッパレザーに変更された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SLの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • 「三菱エクリプス クロス」デザイン本部長インタビュー 2017.3.7 特集 三菱自動車の新しいコンパクトSUV「エクリプス クロス」がジュネーブショー2017でデビュー。スタイリッシュなクーペフォルムをまとうこのニューフェイスに、デザイナーたちはどんな思いを込めたのか。デザイン本部長に話を伺った。
  • GLMがEVスーパーカーの「G4」を日本初公開 2017.4.18 自動車ニュース EVメーカーのGLMが、2016年のパリショーで発表したEVスーパーカー「G4」を日本で初公開した。GLM G4は4シーター・4ドアの高性能スポーツモデルで、最高出力540ps、最大トルク1000Nmを発生。想定価格は4000万円で、2019年の量産化を予定している。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • 新型「ランドローバー・ディスカバリー」の限定車、受注開始 2017.4.5 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年4月5日、「ランドローバー・ディスカバリー」の特別仕様車「ディスカバリー ファーストエディション」の受注を開始した。同年4月17日まで注文を受け付けた後、抽選を経て30台限定で販売する。
ホームへ戻る