メルセデスSLに新エンジン

1998.08.20 自動車ニュース
980820_026.gif

メルセデスSLに新エンジン(8/20)

メルセデスベンツ日本株式会社は「メルセデスベンツSL」にマイナーチェンジを施し、8月17日より発売した。眼目は新V8の搭載で、価格は「SL320」が990.0万円、「SL500」が1250万円。

「SLシリーズ」に搭載されるエンジンはすでにSクラスやEクラスなどに積まれている新世代の軽量V8だ。デュアルイグニッションに3バルブレイアウトのヘッドをもち、高効率、低燃費をセリングポイントとしたものである。「SL320」の3.2リッターユニットは最高出力224ps、「SL500」の5リッターユニットは306psを発生する。

「SL320」と「SL500」に共通する変更点としては、リアコンビネーションランプのデザインとドアミラーの形状が新しくなったことをはじめ、ドアハンドルがボディ外板色とカラーキーされたこと、17インチアルミホイールの採用、メーターとステアリングホイールとシフトノブが新意匠のものとなったこと、さらにESP(エレクトロニックスタビリティプログラム)の標準装備などがあげられる。

「SL320」の変更点は、右ハンドル仕様追加、本革(ナッパレザー)シートの標準装備があげられる。「SL500」の場合、本革とウォールナットウッドのコンビネーション・ステアリングホイールおよびシフトノブが新たに採用されたことに加え、本革シートの材質がナッパレザーに変更された。

関連キーワード:
SLメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」が日本上陸
    2018.1.19 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年1月19日、新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」を発表し、同日、注文受け付けを開始した。納車は同年3月ごろを予定している。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • スバル・レガシィ アウトバック リミテッド(4WD/CVT)【レビュー】 2018.1.19 試乗記 30年を超える歴史を持つ“筋金入り”のクロスオーバーSUV「スバル・レガシィ アウトバック」が、マイナーチェンジで商品力をアップ。スバルのこだわりが詰まったフラッグシップモデルの実力を、スキーシーズンを迎えた冬の霧ヶ峰で確かめた。
  • シボレー・カマロ コンバーチブル(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.12 試乗記 いよいよ日本に導入された大人の4シーターオープン「シボレー・カマロ コンバーチブル」。大幅に軽量化されたボディーと秀逸なシャシー、そしてモデル史上初となる4気筒ターボエンジンの組み合わせは、スミズミまで考え抜かれた知的な走りを実現していた。
ホームへ戻る