メルセデスSLに新エンジン

1998.08.20 自動車ニュース
980820_026.gif

メルセデスSLに新エンジン(8/20)

メルセデスベンツ日本株式会社は「メルセデスベンツSL」にマイナーチェンジを施し、8月17日より発売した。眼目は新V8の搭載で、価格は「SL320」が990.0万円、「SL500」が1250万円。

「SLシリーズ」に搭載されるエンジンはすでにSクラスやEクラスなどに積まれている新世代の軽量V8だ。デュアルイグニッションに3バルブレイアウトのヘッドをもち、高効率、低燃費をセリングポイントとしたものである。「SL320」の3.2リッターユニットは最高出力224ps、「SL500」の5リッターユニットは306psを発生する。

「SL320」と「SL500」に共通する変更点としては、リアコンビネーションランプのデザインとドアミラーの形状が新しくなったことをはじめ、ドアハンドルがボディ外板色とカラーキーされたこと、17インチアルミホイールの採用、メーターとステアリングホイールとシフトノブが新意匠のものとなったこと、さらにESP(エレクトロニックスタビリティプログラム)の標準装備などがあげられる。

「SL320」の変更点は、右ハンドル仕様追加、本革(ナッパレザー)シートの標準装備があげられる。「SL500」の場合、本革とウォールナットウッドのコンビネーション・ステアリングホイールおよびシフトノブが新たに採用されたことに加え、本革シートの材質がナッパレザーに変更された。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.6.14 試乗記 可変空力システムの導入、フォージドコンポジットによる軽量化、そして5.2リッターV10ユニットの強化――。ランボルギーニ・ウラカンの新たな高性能モデル「ペルフォルマンテ」の実力を、イタリアのイモラ・サーキットで解き放った。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
  • メルセデス・ベンツSL63 AMG(FR/7AT)【試乗記】 2012.10.17 試乗記 メルセデス・ベンツSL63 AMG(FR/7AT)
    ……2245万円

    飛ばせば矢のように速く、流せば無類の底力を発揮する「SL63 AMG」。このスーパーロードスターを心地よく走らせるにはどうしたらいい? 初秋の南房総を行く。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
ホームへ戻る