トヨタ、ラウムにベンチシート車

1998.08.26 自動車ニュース
980826_032.gif

トヨタ、ラウムにベンチシート車(8/26)

トヨタ自動車は「ラウム」にベンチシート車を設定、8月18日より発売した。それとともに一部車両において装備を充実するなどの改良を行った。

今回「ラウム」に設定されたのはベンチシート車の「S(ストリート)パッケージ」と「Bパッケージ」だ。「ペアベンチシート」と名づけられたこのシートは運転席と助手席を別々にスライドさせることが出来るものだ。シート中央には角度調整機能付アームレストが装備されている。

今回の改良では、ホワイトパールマイカ、ブラックメタリック、スーパーレッドIIといった外板色が新設定されるとともに、外板色と同色のドアミラー、アウトサイドドアハンドル(Gパッケージ、Sパッケージ)が採用された。さらにドアキー連動電気式ドアロックが助手席ドアへ標準装備された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ラウムの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・オーリス120T(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.25 試乗記 トヨタ初の1.2リッター直噴ターボエンジンを搭載する「トヨタ・オーリス120T」に試乗。その走りは“ダウンサイジング”では一歩先を行く欧州勢に迫ったか? 遅れてきた主役の実力を探った。
  • トヨタ・オーリスRS“Sパッケージ”(FF/6MT)【試乗記】 2012.10.18 試乗記 トヨタ・オーリスRS“Sパッケージ”(FF/6MT)
    ……255万3083円

    大胆なテレビCMが話題となった「トヨタ・オーリス」。その走りをMTモデルで確かめた。
  • 「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場
    2017.1.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年1月12日、コンパクトカー「ヴィッツ」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。今回はハイブリッドモデルの追加設定が最大のトピック。さらに、エクステリア、シャシー、安全装備などにも改良が施された。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • トヨタ・オーリス ハイブリッド“Gパッケージ”(FF/CVT)【レビュー】 2016.5.11 試乗記 日本市場ではこれがないと始まらない? トヨタのCセグメントハッチバック車「オーリス」にハイブリッドモデルが登場。JC08モード計測で30.4km/リッターという燃費を実現する、新たな最上級グレードの出来栄えを報告する。
ホームへ戻る