トヨタ、ラウムにベンチシート車

1998.08.26 自動車ニュース
980826_032.gif

トヨタ、ラウムにベンチシート車(8/26)

トヨタ自動車は「ラウム」にベンチシート車を設定、8月18日より発売した。それとともに一部車両において装備を充実するなどの改良を行った。

今回「ラウム」に設定されたのはベンチシート車の「S(ストリート)パッケージ」と「Bパッケージ」だ。「ペアベンチシート」と名づけられたこのシートは運転席と助手席を別々にスライドさせることが出来るものだ。シート中央には角度調整機能付アームレストが装備されている。

今回の改良では、ホワイトパールマイカ、ブラックメタリック、スーパーレッドIIといった外板色が新設定されるとともに、外板色と同色のドアミラー、アウトサイドドアハンドル(Gパッケージ、Sパッケージ)が採用された。さらにドアキー連動電気式ドアロックが助手席ドアへ標準装備された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.1 試乗記 マイナーチェンジされた「トヨタ・ヴィッツ」の中で、ひときわ異彩を放つスポーティーモデル「ヴィッツRS“G's”」。こだわりの専用パーツやチューニングで磨いたという、走りの質をリポートする。
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
ホームへ戻る