トヨタ、RAV4を一部改良

1998.08.27 自動車ニュース
980827_036.gif

トヨタ、RAV4を一部改良(8/27)

トヨタ自動車は「RAV4 L」および「RAV4 J」を一部改良し、8月18日より発売した。エンジンに手が加えられるとともに、スポーティモデルが追加された。

「RAV4」系の一部改良において、「type G」および「L type G」に搭載している2リッター4気筒「3S-GE」エンジンにVVT-i(連続可変バルブタイミング機構)を採用し「BEAMS(先進機構を備えた画期的エンジン)」とした。これによって最高出力は従来の165psから180psに、最大トルクは19.5kgmから20.5kgmに向上した。

モデルバリエーションの面では、ソフトトップを除く各グレードに「エアロスポーツパッケージ」を設定したのも新しい点だ。これはボディ同色のフロントスポイラー、サイドマッドガード、リアバンパースポイラー、リアウィンドウディフレクターを標準装備したもので、加えてバンパーとサイドプロテクションモールが外板色と同色になっている。

関連記事
  • トヨタRAV4 Sport(4WD/CVT)【ブリーフテスト】 2006.2.14 試乗記 ……295万6800円
    総合評価……★★★★

    大きくなったとはいえ、SUVとしては今でもコンパクトなトヨタの街乗りヨンク、新型「RAV4」。スポーツモデルに試乗、期待の乗り心地はどうなのか。


  • トヨタRAV4 G(4WD/CVT)/SPORT(4WD/CVT)【試乗記】 2005.11.29 試乗記 トヨタRAV4 G(4WD/CVT)/SPORT(4WD/CVT)
    ……283万7100円/292万6350円

    初代デビューから11年、3代目に生まれ変わった「RAV4」は、よくできた優等生であった。がしかし、複雑な思いも残るのであった。ナゼって……。


  • トヨタRAV4 G(4WD/CVT)【ブリーフテスト】 2005.12.30 試乗記 ……281万850円
    総合評価……★★★

    11年振りに生まれ変わった、トヨタの街乗りヨンク、3代目新型「RAV4」。2.4リッター5ドアのみとなり、アメリカに向け大きくなった。乗ってみると……。


  • LAショー2012の会場から(その1) 2012.11.29 画像・写真 ロサンゼルスオートショーが開幕。トヨタのブースには新型「RAV4」が出展された。
  • 新型「RAV4」のカスタムパーツ、早くもリリース 2005.11.17 自動車ニュース 2005年11月14日に「トヨタRAV4」がフルモデルチェンジされたのを受け、トヨタモデリスタインターナショナルは専用のカスタムパーツを発売した。
  • 「ジープ・チェロキー」に価格を抑えた限定車 2017.5.18 自動車ニュース FCAジャパンは、「ジープ・チェロキー」の特別仕様車「リミテッドスペシャル」を、2017年5月20日に50台の台数限定で発売する。価格は467万1000円。ベースとなった「リミテッド」から、約30万円抑えた価格が最大のセリングポイントとなる。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
ホームへ戻る