「アウディRS 5」新たなデザインで発売

2012.08.07 自動車ニュース

「アウディRS 5」新たなデザインで発売

アウディジャパンは2012年8月7日、マイナーチェンジされた「アウディRS 5」を日本に導入。同日、販売を開始した。

2010年9月に日本で発売されてから、およそ2年。アウディのハイパフォーマンスクーペ「RS 5」に化粧直しが施された。ベースとなるクーペ「A5」「S5」も、2012年1月に新デザインのモデルへとバトンタッチ。今回の変更もまた、シリーズ全体のフェイスリフトに伴うものといえる。

目立った変更点として挙げられるのは、フロントまわりのデザインだ。ヘッドランプやグリルは、最新の「A5」や「S5」、さらにセダンの「A4」「S4」などと同様の形状に変更。リアのコンビランプとバンパーについても、新デザインが採用されている。
全長×全幅×全高=4650×1860×1375mmと、ボディーの寸法そのものには影響はない。

インテリアについては、下部が平らになった非円形のスポーツステアリングホイールを新たに採用。操作性を向上させるべく、各種操作スイッチの配置やデザインも改められた。

ハイパフォーマンスのキモとなる4.2リッターV8直噴エンジン(450ps/8250rpm、43.8kgm/4000-6000rpm)は変更なし。トランスミッションもこれまでどおり7段のSトロニックが組み合わされる。

後輪左右のトルク配分を可変制御する「スポーツディファレンシャル」、エンジンやステアリングの特性を変化させ4通りの走行モードを提供する「アウディドライブセレクト」など、走りにこだわったハイテクはそのまま継承されている。

価格は1222万6000円。ハンドル位置は左右両方から選べる。

(webCG 関)

「アウディRS 5」
「アウディRS 5」 拡大
 
「アウディRS 5」新たなデザインで発売の画像 拡大
 
「アウディRS 5」新たなデザインで発売の画像 拡大
写真は、2011年のフランクフルトモーターショーでお披露目された時のもの。
写真は、2011年のフランクフルトモーターショーでお披露目された時のもの。 拡大

関連キーワード:
RS 5アウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • アウディA5カブリオレ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2018.6.11 試乗記 日本ではマイナーな存在だが、欧米のブランドでは長年にわたり大切にされてきた“4シーターオープン”というカテゴリー。「アウディA5カブリオレ」の試乗を通し、スポーツカーとは一線を画すその趣に触れた。
  • アウディRS 3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2018.7.4 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、アウディの高性能ハッチバック車「RS 3スポーツバック」。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、もはや万能とも思える実力の高さが伝わってきた。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
ホームへ戻る