「アウディRS 5」新たなデザインで発売

2012.08.07 自動車ニュース

「アウディRS 5」新たなデザインで発売

アウディジャパンは2012年8月7日、マイナーチェンジされた「アウディRS 5」を日本に導入。同日、販売を開始した。

2010年9月に日本で発売されてから、およそ2年。アウディのハイパフォーマンスクーペ「RS 5」に化粧直しが施された。ベースとなるクーペ「A5」「S5」も、2012年1月に新デザインのモデルへとバトンタッチ。今回の変更もまた、シリーズ全体のフェイスリフトに伴うものといえる。

目立った変更点として挙げられるのは、フロントまわりのデザインだ。ヘッドランプやグリルは、最新の「A5」や「S5」、さらにセダンの「A4」「S4」などと同様の形状に変更。リアのコンビランプとバンパーについても、新デザインが採用されている。
全長×全幅×全高=4650×1860×1375mmと、ボディーの寸法そのものには影響はない。

インテリアについては、下部が平らになった非円形のスポーツステアリングホイールを新たに採用。操作性を向上させるべく、各種操作スイッチの配置やデザインも改められた。

ハイパフォーマンスのキモとなる4.2リッターV8直噴エンジン(450ps/8250rpm、43.8kgm/4000-6000rpm)は変更なし。トランスミッションもこれまでどおり7段のSトロニックが組み合わされる。

後輪左右のトルク配分を可変制御する「スポーツディファレンシャル」、エンジンやステアリングの特性を変化させ4通りの走行モードを提供する「アウディドライブセレクト」など、走りにこだわったハイテクはそのまま継承されている。

価格は1222万6000円。ハンドル位置は左右両方から選べる。

(webCG 関)

「アウディRS 5」
「アウディRS 5」
 
「アウディRS 5」新たなデザインで発売の画像
 
「アウディRS 5」新たなデザインで発売の画像
写真は、2011年のフランクフルトモーターショーでお披露目された時のもの。
写真は、2011年のフランクフルトモーターショーでお披露目された時のもの。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.25 試乗記 「アウディTTクーペ」のハイパフォーマンスバージョン「TT RSクーペ」がフルモデルチェンジ。最高出力400psの5気筒エンジンや新開発プラットフォームを得た新型は、どんな走りを見せるのか。市街地からワインディングロードまで、さまざまな道で試した。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
  • BMW 530e iパフォーマンス ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.8.17 試乗記 プラグインハイブリッド車のラインナップ拡充を進めるBMW。今回は、そのニューフェイスとなるミッドサイズセダン「530e」に試乗。純粋なガソリンエンジン車とはひと味違う、走りや乗り心地をリポートする。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
ホームへ戻る