トヨタ、クラウンを一部改良

1998.08.28 自動車ニュース
 
 
980828_039.gif

トヨタ、クラウンを一部改良(8/28)

トヨタ自動車は「クラウン4ドアハードトップ」および「クラウンセダン」を一部改良し、8月19日より発売した。エンジンの改良をはじめ、新AT搭載など変更は多岐にわたる。

「クラウン」系におけるエンジンの改良は「4ドアハードトップロイヤルエクストラ」および「セダンスーパーデラックス」「同スーパーサルーンエクストラ」に搭載されている2リッター4気筒「1G-FE」において、VVT-i(連続可変バルブタイミング機構)を採用して「BEAMS(先進機構を備えた画期的エンジン)」としたことだ。これによって最高出力は従来の140psから160psに向上している。

オートマチックトランスミッションも変更され「ECT-iE」が新たに搭載された。これはロックアップクラッチの作動領域を低回転域まで拡大したもので、走行性能と燃費が向上したとメーカーではしている。

「4ドアハードトップロイヤルサルーンFour」など3リッターエンジン搭載のモデルが設定されたのも新しい点だ。直列6気筒の「2JZ-GE」で、220psの最高出力を発生、これに電子制御フルタイム4WDが組み合わせられる。

 
 

関連キーワード:
クラウン セダントヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.1.18 試乗記 強力なV8ツインターボエンジンとプラグインハイブリッド機構を搭載した「ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ」。走りと環境性能という“本音と建前”を技術の力で両立させた、新世代ポルシェの旗手を試す。
  • 東京オートサロン2018(トヨタ) 2018.1.12 画像・写真 トヨタ自動車は「東京オートサロン2018」で“カスタマイズブース”を設営し、「クラウン コンセプト」や「ハイエース」をベースにしたコンセプトモデルを展示した。その姿を写真で紹介する。
  • 第75回:安物買いの銭失い 2018.1.30 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第75回は「安物買いの銭失い」。「MJ戦略参謀本部」放談、第3弾。人は、激安イタ車に愛をささげ続けると、どうなるのか!? 攻めのビンボーカーマニアが、匍匐(ほふく)前進で挑んだ、愛車との日々を語る。   
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.12 試乗記 新たにトルコン式の6段ATが搭載された、2ペダル仕様の「スズキ・スイフトスポーツ」。“元気モリモリ”のコンパクトスポーツをイージードライブで走らせるというのはアリなのか? 雨の中のドライブを経てたどり着いた結論を報告する。
  • トヨタ・プリウスTRD Ver.1(FF/CVT)【試乗記】 2016.7.27 試乗記 空力パーツや専用チューニングのサスペンション、ボディーの補強パーツなど、いたるところにTRDの用品が装着された「トヨタ・プリウス」のデモカーに試乗。個々のチューニングの効果と、それらが織り成すクルマ全体のドライブフィールをリポートする。
ホームへ戻る