メルセデス、新型「Mクラス」を発売

1998.09.01 自動車ニュース
980901_006.gif

メルセデス、新型「Mクラス」を発売(9/1)

メルセデスベンツ日本株式会社は4WDの「Mクラス」を8月31日より発売した。「ML320」と呼ばれ価格は550.0万円だ。

「Mクラス」は1997年本国で発表されたモデルで、チェロキーやレンジローバーと同じ「SUV(スポーツユーティリティビークル)」というジャンルに属するオンロード、オフロードともに走れる4輪駆動車である。

今回日本に導入されるのは「ML320」で、EクラスやSクラスに搭載されている新世代の3.2リッターV8SOHCエンジンをもち、これにフルタイム4輪駆動システムが組み合わせられている。4つのタイヤへのトルク配分には電子制御の「4エレクトロニックスタビリティプログラム」が採用されている点が新しい。

シャシーはオフロードでの快適性も考慮に入れてラダーフレームを採用し、ボディは10におよぶラバーブッシュを介してそこに載せられている。ボディサイズは全長×全幅×全高=4600×1835×1820mmで、ホイールベースは2820mmだ。

安全装備の面では衝撃吸収構造をフレームに採用するとともに、前席左右のエアバッグ、サイドエアバッグ、さらにブレーキアシストなどが備わっている。

室内はウォールナットウッドパネルに本革シートが標準装備され、リアシートは3分割式で機能性を高めている。日本仕様は右ハンドルのみの設定だ。

日本に入ってくる「ML320」はメルセデスの米国アラバマ工場で作られるモデルだが、欧州むけはオーストリアのシュタイアプフの工場で作られる。並行輸入の「ドイツもの」をありがたがるマニアが出てくるかもしれない。メルセデスベンツ日本では550万円のプライスタグを「戦略的価格」(筆者注・安い、ということ)という。たしかに同じエンジンを搭載するGバーゲンが750万円からすることを考えるとそうかもしれないが、Gバーゲンには「兵器」のような頑強さが感じられるのに対してこちらはフツウのクルマである。しかも550万円が戦略的価格...。(Web CG=オガワ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Mクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • メルセデス・ベンツ、「Gクラス」の一部仕様装備を変更 2016.11.14 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年11月11日、クロスカントリーモデル「Gクラス」の一部仕様装備を変更し、販売を開始した。今回の仕様変更では、インフォテインメントシステムの改良と、内外装のブラッシュアップが行われた。
  • メルセデス・ベンツG550(4WD/7AT)【レビュー】 2016.1.8 試乗記 デビューから36年を経た現在でも高い人気を誇る、メルセデスのクロスカントリーヴィークル「Gクラス」。このクルマが長年にわたって支持され続ける理由はなんなのか? 新たに4リッターV8ツインターボが搭載された「G550」に試乗し、その魅力について考えた。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • メルセデス・ベンツG350ブルーテック(4WD/7AT)【試乗記】 2013.11.11 試乗記 ディーゼルエンジンを搭載した「メルセデス・ベンツG350ブルーテック」に試乗。23年ぶりに復活した「軽油で走るゲレンデヴァーゲン」の走りに触れた。
ホームへ戻る