日産、「プリメーラ」をマイナーチェンジ

1998.09.02 自動車ニュース
 
 
980902_010.gif

日産、「プリメーラ」をマイナーチェンジ(9/2)

日産自動車は「プリメーラ/プリメーラカミノ」のセダンとワゴンをマイナーチェンジし、9月1日より発売した。直噴ガソリンエンジンとHYPER CVT搭載が売りものだ。

今回「プリメーラ/プリメーラカミノ」のために新開発されたのは1.8リッター直4DOHC「QG18DD」直噴ガソリンエンジンで、最高出力は130psだ。これに無段変速機「HYPER CVT」を組み合わせて、50パーセントの燃費向上と低中回転域でのトルクアップを実現したとしている。

「QG18DD」直噴ガソリンエンジン搭載モデルはセダン「1.8Ci Lセレクション」と、ワゴン「1.8G」の2モデルとなっている。

内外装の面ではリアコンビネーションランプの意匠が変更されたことをはじめ、セダンではリアフィニッシャーが新たに採用された。さらにアルミホイールのデザインが変更され、FWDではシート形状が新しくなり、小径3スポークステアリングホイールが新たに採用されたことなども特徴としてあげられる。

安全面では衝撃吸収構造の「ゾーンボディ」が採用されたことに加え、ピンチガードが付いた耐水タイプのパワーウィンドウが全車に標準装備された。

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プリメーラの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産プリメーラ20V(6MT)【試乗記】 2001.9.7 試乗記 日産プリメーラ20V(6MT)
    ……266.2万円

    6600rpmで、バルブのタイミングもリフト量も切り替わる204ps「SR」ユニットを搭載したプリメーラ。「いったい何のため?」 疑問を抱いた『webCG』記者が、ハコネで乗った。


  • 第27回 どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • 日産グロリア300TX(4AT)【ブリーフテスト】 2000.12.21 試乗記 ……419.0万円
    総合評価……★★★




  • 三菱自動車、「RVR」のフロントマスクを一新 2017.2.9 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月9日、コンパクトSUV「RVR」に一部改良を実施し、同年2月16日に発売すると発表した。今回の改良ではフロントマスクを一新し、乗員とクルマを守る機能を力強く表現したフロントデザインコンセプトの「ダイナミックシールド」を採用した。
ホームへ戻る