メルセデス、特定フロンを回収開始

1998.09.03 自動車ニュース
980903_011.gif

メルセデス、特定フロンを回収開始(9/3)

メルセデスベンツ日本は3大都市圏において特定フロンR12の巡回回収を実施する。輸入車販売では初めての試みという。

オゾン層破壊など環境への影響が懸念される特定フロンの巡回回収および破壊処理運用は9月1日から9月4日にかけて、3大都市圏(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、神奈川、東京、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、奈良、大阪、兵庫、和歌山)における165の正規代理店を対象に行われたものだ。

上記販売店ではこれまで代替フロンと入れ替えるなどして特定フロンを取り除いてきたが、その際取り除かれ貯蔵されていたR12を巡回回収サービスで集め、それを破壊処理施設で破壊、無公害化するというのが、メルセデスベンツ日本の試みである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。