ミツワ、アウディを六本木で販売へ

1998.09.08 自動車ニュース
980908_030.gif

ミツワ、アウディを六本木で販売へ(9/8)

ポルシェで知られたミツワ自動車株式会社は同社の六本木ショールームで10月中旬よりアウディを販売する。

今回、ミツワ自動車はアウディジャパン株式会社と契約を結び、同社が所有している東京・港区六本木および神奈川・横浜にある店舗を改装してアウディ車の販売を行っていく。

「Audi六本木」と「Audi横浜中央」は、6月にアウディジャパンが開いた「アウディ渋谷」に次ぐ首都圏のアウディ専売店だ。いずれの店舗も敷地内にサービス工場をもっているのが強みという。

ようやく、というべきか、アウディが動きだした。業界内では3年ぐらい前からアウディがVWの販売網から離れ、たとえばポルシェと併売される、といった噂が飛び交っていたが、当たらずとも遠からずの結果になった。ポルシェジャパン設立でポルシェの輸入代理権を失ったミツワ自動車、ちょっと前まで六本木飯倉片町の交差点にあるショールームは開いてはいるが何も売っていない、という恐ろしい状態だったが、その裏ではこういう交渉が進行していたのだ。一説によるとミツワはイタリアのエキゾチックカーの販売を目論んでいるという。その親会社ととりあえず組む、というのはその前段階としては納得できる動きというべきか。しかしそのクルマが売れるのか?(Web CG=オガワ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。