ホンダ、「シビックフェリオ」にスポーティ仕様

1998.09.08 自動車ニュース
980908_028.gif

ホンダ、「シビックフェリオ」にスポーティ仕様(9/8)

本田技研工業は「シビック」および「シビックフェリオ」のマイナーチェンジを行い、9月4日より発売した。低公害車やスポーティモデルの幅が広がった。

「シビック」シリーズにおける主な変更内容はガソリンエンジン低公害車「HONDA LEV」の適応グレードを拡大したことだ。「LEV」は1.5リッターHYPER16バルブエンジンをベースに、空燃費制御や排ガス浄化などにより排ガス中の有毒物質を10分の1に低減したものだ。「シビックRi」と「シビックフェリオMi」、「同ML」に搭載された。

「シビックフェリオ」シリーズでは、スポーティモデルの「Vi-RS」が新たに設定された。1.5リッターエンジンを搭載しており、これに発進や追い越し時にすばやい加速が得られる「AMSS(アクセラレーションマップセレクトシステム)」を採用した専用「ホンダマルチマチック-S」が組み合わせられる。

「シビックフェリオVi-RS」の専用装備は以下のようになる。ディスク径が大きくされたフロントディスクブレーキ、フロントストラットタワーバー、前後アンダースポイラー、トランクスポイラー、専用メッシュタイプフロントグリル、195/55R15タイヤ、革巻ステアリングホイール、スポーツタイプシート。価格は5MTで159.2万円だ(東京)。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シビックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る