ボルボ、最上級の「S80」を日本発売

1998.09.11 自動車ニュース
980911_043.gif

ボルボ、最上級の「S80」を日本発売(9/11)

ボルボカーズジャパンはボルボの最上級サルーン「S80」を9月16日より発売する。新開発のエンジン、インフレータブルカーテンなど新しい点が多い。

ボルボカーズジャパン株式会社が発売した「ボルボS80」は「これまでで最も完成度の高いボルボを目指し開発」(ボルボカーズジャパン)されたというアッパーミドルクラスの4ドアセダンだ。世界で唯一フロントに横置きされる直列6気筒エンジンは、204psの2.9リッター(「S80 2.9」)あるいは272psの2.8リッターターボ(「S80T6」)の2本立てだ。「2.9」は580.0万円、「T-6」は650.0万円だ。

ボディサイズは全長×全幅×全高=4830×1835×1450mmで、ホイールベースは2790mmとなっている。シャシープラットフォームは新設計で、これから21世紀にかけて発表される同社の製品にも使用されることが計画されている。

安全性の面では「STC」というトラクションコントロールシステムが採用されたのが新しい点だ。既存の技術を発展させたもので、ホイールスピンが発生した場合、40km/h以下ではブレーキングによって、それ以上での走行時にはエンジントルクを低下させるなどしてタイヤのグリップを回復させるというものだ。加えてABSにはリアブレーキの性動力を電子制御により調整することで停止距離を短くする「EBD」が装備された。衝突安全性の面では、追突時にシートバックが動いて乗員が前方にはねかえるのを防ぐ「WHIPS」、頭部側面衝撃吸収エアバッグである「インフレータブルカーテン」などの新技術が投入された。

どの競合モデルよりも「広い室内空間と高い快適性」(VCJ)が謳われたインテリアは、曲面を多くもつソフトかつ豪華なものとなっている。機能の点でもオーディオやクルーズコントロールのスイッチをステアリングホイールにマウントしたことをはじめ、Bピラーにエアコンの後席専用吹き出し口を設けたり、自動防眩室内ミラーを採用するなど、充実ぶりがみられる。

関連キーワード:
S80ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第11回:長距離ドライブで実力を試す 2018.2.6 徹底検証! ボルボXC60 第2世代となった「ボルボXC60」で、往復1000kmを超えるロングドライブへ。市街地から高速道路、ワインディングロードまで、さまざまな道を走らせてみると、ボルボが総力をあげて開発した新型の価値が見えてきた。
  • ボルボV90クロスカントリーT6 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2018.2.5 試乗記 ボルボが主催した雪上試乗会に参加。「V90クロスカントリー」を駆り、信州は志賀高原でその雪上性能をチェックするとともに、先進装備をフル活用した“極楽浄土”もかくやの快適クルージングを堪能した。
  • ボルボS60ポールスター/V40 D4 R-DESIGNチューンド・バイ・ポールスター【試乗記】 2018.1.13 試乗記 電動モデル専門ブランドへの転身を表明したポールスターにとって、最後の“純内燃機関コンプリートカー”となる「S60ポールスター」に試乗。ポールスター製パーツを装備した「V40 D4 R-DESIGN」のチューンドカーと併せ、その古き良き(?)走りをリポートする。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
  • ボルボXC60 T5 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.12.4 試乗記 デザインはもちろん、走りにおいてもライバルとは趣を異にする新型「ボルボXC60」。シャシーのチューニングから運転席まわりのインターフェイスに至るまで、すべてが丁寧に作りこまれたこのクルマの特徴をひとことで言い表すと……。
ホームへ戻る