新クラリオンガールは歌手志望

1998.09.17 自動車ニュース
980917_049.gif

新クラリオンガールは歌手志望(9/17)

1999年の「クラリオンガール」に搭堂なつさんが選ばれ、そのお披露目が9月16日都内のホテルで行なわれた。新クラリオンガールは札幌出身の24歳だ。

音響メーカー、クラリオンが選ぶ「クラリオンガール」、今年は7525名の応募者の中から搭堂なつさんが選ばれた。搭堂さんの目標は、「人を感動させられるシンガー」という。1975年の初代クラリオンガール、アグネスラム以来、クラリオンガールといえば水着の似合う健康的な女の子、というイメージだったが、昨年から新たに「何かしら目標を持ち、それに突き進む」ひとという選考基準が採用されており、搭堂さんはその基準をクリアしたことになる。

「クラリオンガール」はクラリオンのイメージガールにとどまらず、新人タレントへの登竜門として定評を確立しているのは周知のとおり。現在TVドラマやバラエティ番組で活躍している立河宣子、原千晶らもクラリオンガール出身である。

歌手になりたい、という25代目クラリオンガールの搭堂なつさんは、彼女の夢が実現するよう手助けするという「クラリオンガールスカラーシップ」を受けて、シンガー・ソングライターである平松愛理のプロデュースでこれからシンガーへの道を歩き出すそうだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。