ダイハツ、「テリオス」に衝突安全ボディ

1998.09.22 自動車ニュース
 
 
980922_057.gif

ダイハツ、「テリオス」に衝突安全ボディ(9/22)

ダイハツ工業はコンパクトなSUV「テリオス」に衝突安全ボディを採用するなどして、9月21日より発売した。価格は据え置きとなっている。

「ダイハツテリオス」における今回の改良では、全車にダイハツの衝突安全ボディ「TAF(タフ)」を採用したことが最大の眼目だ。外観上はマルチリフレクターハロゲンランプが新採用されたのが新しい点といえる。加えてステアリングホイールの意匠変更、カップホルダーおよび運転席シートバックポケットの標準装備も今回からの採用だ。

改良された「ダイハツテリオス」のグレードは「CL」と「CX」。「CL」では新たにバンパー、フェンダーアーチ、ドアガーニッシュにシルバーメタリック塗装が施された。フルホイールキャップも今回から装備されている。室内ではヘッドレストがファブリック張りとなったことに加え、シートアンダートレイやキーレスエントリーが標準装備となったのも改良点としてあげられる。上級グレードの「CX」においては、ブラッドレーアルミホイールが標準装備された。

「ダイハツテリオス」は1997年4月に発売された街乗りを視野にいれたスポーツユーティリティビークルで、1.3リッター4気筒エンジンにメカニカルセンターデフロック付きのフルタイム4WDシステムというドライブトレインをもっている。価格は「CL」が130.0万円(5MT)と141.0万円(4AT)、「CX」が145.0万円(5MT)と156.0万円(4AT)である。

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

テリオスキッドの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ テリオスキッドCX (4AT)【ブリーフテスト】 2001.11.22 試乗記 ……152.8万円
    総合評価……★★★★




  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
  • 「レクサスNX」にブラックで引き締めた特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月24日、レクサスブランドのコンパクトSUV「NX」に特別仕様車「Urban Style」を設定し、販売を開始した。「Iパッケージ」グレードをベースに、ブラック塗装のスピンドルグリル、ドアミラー、アルミホイールが採用されている。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 第18回 ゼイタクは敵(その2) 2016.11.22 エッセイ 清水草一の話題の連載。第18回は「ゼイタクは敵(その2)」。筆者が“世界初の超小型スーパーカー”と賞賛する、愛車「ホンダS660」との思い出を語る。「フェラーリ458イタリア」との夢のスーパーカー2台生活の実態とは?
ホームへ戻る