ドレスアップ&チューニングの130社が集合

1998.09.25 自動車ニュース
980925_061.gif

ドレスアップ&チューニングの130社が集合(9/25)

 今回で第2回目を迎えた「AUTO ASIA 98」が東京ビッグサイトで9月18日〜9月20日の3日間開催された。今回は「体感! グッド&セーフティ、チューニング&ドレスアップ」をテーマに、国内外約130社から、自動車関連パーツが陳列された。

2年に一度の開催と、まだ2回目という点では馴染みは薄いが、会場はDRESS-UP、TUNING、RV & 4WD、MEDIAの4つのゾーンに別れていて、内容も充実している。

アフターマーケットパーツで注目したのは「DESIGN+TECHNIC JAPAN」が出店していたFIATプントだった。カーボンコンポジットをふんだんに使って製作されたこの車は、WRCグループB時代のツールドコルス仕様を彷彿させるデザインで、仕上がりの良さと情熱が感じられた。

TUNING ZONEでは、ブレーキパッドやダンパーで有名なエンドレスアドバンスが、ハイブリッドカーのトヨタプリウスをあえてフィーチャーし、車高を落としてエアロパーツと軽量ホイールで武装していたのが、何かほほ笑ましく感じられた。

クルマをドレスアップして個性的にすることは、既製品にも自分らしさを表現するということで、愛着が増すものだ。世界で1台だけの自分のスタイルを演出することは、日本でもこれからもっと盛んになるだろう。それとともに、この「AUTO ASIA」も発展することを、予感させられた。2000年からは毎年開催予定だそうだ。
(リポート=松本英雄)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。