アルファ、フェイスリフトした「GTV」を発売

1998.09.28 自動車ニュース
980928_065.gif

アルファ、フェイスリフトした「GTV」を発売(9/28)

フィアットオートジャパンは外観をはじめさまざまな変更を受けた「ニューアルファGTV」を10月17日より発売する。価格は465.0万円だ。

「ニューアルファGTV」は今年のトリノショーで発表されたアルファGTVのマイナーチェンジ版だ。日本には右ハンドル仕様で入ってくるのが最大の特徴のひとつだ。

「ニューアルファGTV」におけるそのほかの変更は、クロームで縁取りされたエンブレムなどをもつフロントまわりをはじめ、カラースキームが新しくなったダッシュボード、156と同様チャイルドセーフティシート搭載時にエアバッグの作動をキャンセルできるスイッチの採用、MOMO社製レザーによる室内トリム、さらに機械的リンケージに代わる電子スロットルの採用、変速比が一部変更された6段マニュアルギアボックスなど多岐にわたっている。

「ニューアルファGTV」のエンジンは従来と同じ3リッターV型6気筒DOHCで、220ps/6300rpmの最高出力と、27.5kgm/5000rpmの最大トルクは変らない。しかし電子スロットルの採用でエンジンのレスポンスおよび低回転域でのフレキシビリティが向上したと謳われている。

「ニューアルファGTV」の外板色と内装色のコンビネーションは以下のとおりとなる。「アルファレッド」と「プロテウスレッドメタリック」のボディカラーには「ベージュ」のインテリア、「ブラック」と「エクリプスグレーメタリック」には「レッド」、「セイルブルーメタリック」には「ブルー」。

関連キーワード:
アルファGTVアルファ・ロメオ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ALFA ROMEO DAY 2017」の会場から 2017.5.17 画像・写真 2017年5月14日、長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで“アルフィスタの祭典”「ALFA ROMEO DAY 2017」が開催された。会場に集まった、新旧およそ250台のアルファ・ロメオを、写真で紹介する。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
  • 前編:新型「メガーヌGT」で駆ける 2018.1.31 最新ルノー・スポールを愉しむ<PR> ルノーのスポーツモデルには、同社のモータースポーツ活動を担うルノー・スポールの知見と技術が生かされている。その醍醐味(だいごみ)を、まずは新型「メガーヌGT」の走りを通して堪能した。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.30 試乗記 新生「アルピーヌA110」に南仏マルセイユで試乗。新しいA110の軽さ極まるフットワークを体験すれば、このクルマがアルピーヌの正統的後継者であると同時に、一台の普遍的な魅力を備えたスポーツカーであることが、すぐに理解できるはずだ。
ホームへ戻る