シトロエン、「ザーラピカソ」を発表

1998.09.28 自動車ニュース
980928_066.gif

シトロエン、「ザーラピカソ」を発表(9/28)

シトロエンは現在フランスで開催されているパリサロンで新型車「ザーラピカソ」を発表した。斬新なスタイルのミニバンだ。

「シトロエンザーラピカソ」はサイズ的にはザンティア(日本名エグザンティア)とザーラ(同クサラ)の中間に位置し、全長×全幅×全高は4276×1751×1637mmとかなり背が高い。ホイールベースは2760mmで、5人ぶんのシートが並ぶ。

「シトロエンザーラピカソ」のエンジンは3種類。1.6リッター4気筒SOHC(90ps)、1.8リッター4気筒DOHC4バルブ(115ps)、そして2リッター4気筒SOHCディーゼルターボ(90ps)だ。ギアボックスは現時点では5段マニュアルのみで、駆動方式はFWDである。

「シトロエンザーラピカソ」のセリングポイントはキャビンの多様性にあり、前席と後席のあいだはウォークスルーが可能であり、しかも助手席、後席の3人ぶんのシートは個別にとりはずしが可能となっている。このあたりはライバルのルノーメガーヌセニックをだいぶ意識しているといえる。さらに「ピカソ」では前席エアバッグに加え、サイドエアバッグ、チャイルドシートをボディに固定するISOFIXシステムなど安全性への考慮も大いに喧伝されている。

「シトロエンザーラピカソ」はスペインにある工場で生産され、本国での発売は1999年末という。となると日本に導入されるのはだいぶ先の話になりそうだ。そのときはATが搭載されるだろうが、現在ATはカタログに載っていない。

「ピカソ」というユニークなサブネームを選んだことについてシトロエンでは、「創作活動を通して因習を打ち破り、新しい価値観をうちたてた芸術家パブロピカソの名は、やはりオリジナリティと先進性を重視するシトロエンの製品にふさわしい」(広報資料)と説明している。

あいにくお見せできないのだが、ダッシュボードはセンターメーターでけっこう先鋭的、ギアシフトもダッシュボードから突き出すエバジオンと同タイプのものである。なによりシロトエン+ピカソという名前が、よくわからないけれど魅力的に思える。実際のロゴは偉大な画家のサインと同じ(ような)ものを使用している。著作権料など発生しているのかどうか、現在調査中デアル。(Web CG=オガワ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

クサラピカソの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • プジョーの7人乗りSUV「5008」 今秋日本導入へ 2017.4.10 自動車ニュース プジョーが3列7人乗りのミドルサイズSUVである、新型「5008」を日本に導入すると発表した。ラインナップはガソリン車の「アリュール」とディーゼル車の「GT BlueHDi」の2種類で、導入時期は2017年秋とされている。
  • 「三菱エクリプス クロス」、モータースポーツイベントで初披露 2017.4.6 自動車ニュース 三菱自動車は2017年4月6日、東京・お台場で開催されるモータースポーツジャパン2017 フェスティバル イン お台場(会期:4月15~16日)において、新型コンパクトSUV「エクリプス クロス」の欧州仕様車を国内初披露すると発表した。
  • 第33回:ディーゼルLOVE(前編)
    2017.3.14 エッセイ 清水草一の話題の連載。第33回は「ディーゼルLOVE(後編)」。これまで筆者の「ディーゼル愛」についてお届けしてきた当連載、今回は、同じくディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏との対談の様子をお届けする。
  • プジョーが「3008」のディーゼルモデルを発表 2017.4.10 自動車ニュース プジョーの最新SUV「3008」にディーゼルモデルの「GT BlueHDi」が登場。最高出力180ps/3750rpm、最大トルク400Nm/2000rpmを発生する2リッター直4直噴ディーゼルターボエンジンを搭載しており、18.7km/リッターという燃費性能を実現している。
ホームへ戻る