スズキ、Vツイン搭載の「SV400」発売

1998.09.28 自動車ニュース
980928_064.gif

スズキ、Vツイン搭載の「SV400」発売(9/28)

スズキ株式会社は400ccV型2気筒エンジン搭載のスポーツバイク「SV400」および「SV400S」を9月28日より発売する。価格は「SV400」が59.9万円、「SV400S」が64.6万円だ。

「スズキSV400/SV400S」は同社がさきに発表した1000ccのスーパースポーツ、TL1000Sの流れをくむスタイリングをもち、高剛性と軽量がうりものの楕円断面アルミトラスフレームに水冷V型2気筒DOHCエンジンを組み合わせている。車重は「SV400」で159kgという。

「スズキSV400/SV400S」のVツインの最高出力は53ps/10500rpm、最大トルクは4.2kgm/8000rpmだ。トランスミッションは6段となる。タイヤサイズは前が120/60R17・55H、後が160/60R17・69Hだ。

「SV400」は丸型メルチリフレクターヘッドライトとネイキッドスタイルを特徴とするモデルだ。「SV400S」は片側がプロジェクタータイプの2灯式フォックスアイ・ヘッドランプが組み込まれた小型風防を備えるモデルだ。「SV400」がバーハンドルであるのに対して「SV400S」はセパレートハンドルで乗車姿勢も前傾の強いものとなる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。