シトロエン、小さなワンボックス「C3」発表

1998.09.29 自動車ニュース
 
 
980929_071.gif

シトロエン、小さなワンボックス「C3」発表(9/29)

シトロエンはパリサロンで多目的型乗用車のコンセプトモデル「C3」を発表した。

「C3」はシトロエンのクリエイティブスタイリングセンターの手になるワンボックススタイルの小型車だ。最大の特徴は室内にあり、観音開きのドアによる乗降性のよさをはじめ、同じシートレールの上に前後席を載せることで好きな位置にスライドすることができるうえ、向かいあって「ラウンジ化」することも可能となっている。

「C3」のボディサイズは全長×全幅×全高=3675×1730×1620mmで、ホイールベースは2445mmだ。エンジンは1.6リッター4気筒(90ps)が現在では搭載されており、これに5段マニュアルギアボックスが組み合わせられる。発売は2001年から2002年にかけてになる模様だ。

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC3/C3 WRCコンセプト/CXPERIENCE 2016.9.29 画像・写真 グループPSAはパリモーターショー2016で、新型「シトロエンC3」や2017年のWRCに投入予定の「C3 WRCコンセプト」、次世代サルーンのデザインコンセプト「CXPERIENCE」ほかを公開する。その姿を画像で紹介。
  • シトロエンC3 2016.6.30 画像・写真 仏シトロエンが新型「C3」の概要を発表した。外観はAセグメントの「C1」やクロスオーバー車の「C4カクタス」に通じるデザインで、ドアパネルにはポリウレタン製のエアクッションを装着できる。個性的なルックスの新型「C3」を写真で紹介する。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 第2回:王道と個性派の競演!
    輸入車チョイ乗りリポート~300万から400万円編~
    2017.2.21 特集 300万円台のオススメインポートカーはこれだ! webCG編集部員が「アウディA3スポーツバック」と「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」「シトロエン・グランドC4ピカソ」「アバルト124スパイダー」の走りをリポートする。
ホームへ戻る