トヨタ、新型車(?)「デュエット」発売

1998.09.29 自動車ニュース
980929_067.gif

トヨタ、新型車(?)「デュエット」発売(9/29)

トヨタ自動車は4ドア2ボックス「デュエット」を9月24日より発売した。内容は「ダイハツストーリア」のトヨタ版だ。

「トヨタデュエット」の正体はダイハツからOEM供給されるストーリアで、60psの1リッター4気筒エンジンに、FWDあるいは4WDのドライブトレインが組み合わされるラインナップもダイハツストーリアに準じている。

「トヨタデュエット」は145/80R13タイヤやマニュアルエアコンを装着し、回転計、リモコン式集中ドアロックなど一部装備が簡略化された「V」仕様がストーリアCLに、165/65R14タイヤやオートエアコンなどを備える「X」仕様がストーリアCXにほぼ準じている。大きな違いはストーリアではCXのみ標準装備となるABSが「デュエット」では両グレードとも標準で用意されるということだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
ホームへ戻る