VW、消耗部品も無料のサービスを「ポロ」に提供

1998.10.02 自動車ニュース
 
 
981002_007.gif

VW、消耗部品も無料のサービスを「ポロ」に提供(10/2)

フォルクスワーゲンジャパンは「VWポロ」を対象としたサービスプログラム「ポロサービスプラス」を期間限定で提供する。

「ポロサービスプラス」は10月1日から12月31日までVW正規ディーラーで登録されたポロを対象に実施されるプログラムだ。内容は、新車登録時から3年間、VWが指定している項目のメインテナンス費用を無償提供するものという。このなかにはオイル/フィルターやブレーキパッドなどの消耗部品の交換も含まれている。ただし走行距離は5万kmまでとなる。

 
 

関連キーワード:
ポロフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗速報】 2010.6.4 試乗記 フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)
    ……273.0万円

    5代目「ポロ」の大本命、1.2リッターTSI搭載モデルが日本上陸。まずは上級モデルの走りを、箱根で試した。
  • フォルクスワーゲン、新型「ポロ」を世界初公開 2017.6.19 自動車ニュース 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、新型「ポロ」をベルリンで発表した。「ゴルフ」や「パサート」などにも採用される横置きエンジン用プラットフォーム「MQB」を用いることで、最新のテクノロジーを手に入れている。
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
ホームへ戻る