新型トッポもワゴンR路線に

1998.10.06 自動車ニュース
 
 
981006_018.gif

新型トッポもワゴンR路線に(10/6)

三菱自動車工業は軽自動車「トッポ」をフルモデルチェンジ。「トッポBJ」の名で新車種として登場させた。

今回のモデルチェンジは軽の新規格導入に伴うもの。名称からミニカがなくなり、「トッポBJ」と名乗っての登場となった。ちなみに「BJ」は「Big Joy」の略。明らかにワゴンRを意識したデザインのボディ寸法は、新規格いっぱいの全長x全幅x全高=3395x1475x1695?。ホイールベースも60?延長されている。さらにドア開口部を1520?と低く設定し、フロアをフラットにすることで、大人4人が楽々乗車できる室内を実現したとしている。

エンジンは新開発の直3SOHCのMVVリーンバーン(50ps、6.3kgm)と、直4DOHCターボ(64ps、10.2kgm)の2種が用意される。トランスミッションは5MTと4AT。駆動方式はFWDと4WDが設定される。安全装備では全車に運転席エアバッグ、チャイルドシート固定機能付リアシートベルトを採用。また助手席エアバッグやブレーキアシスト付ABSをオプション設定する。価格は89.8〜143.9万円。なお販売目標台数は月販8000台であり、ミニカが同5000台であることを考えれば、三菱がワゴンRタイプに寄せる期待の大きさがうかがえるというものである。

「トッポBJ」には「マーブル」と呼ばれる、赤ちゃんとママ(パパでもよいのだが)のためのバージョンが用意されている。これはオムツ交換に便利な後席用フラットクッションや撥水シート、紙オムツやウェットティッシュなどの収納ポケットのついたシートカバー、ベビーカー固定アタッチメントや後席レースカーテンを備えたユニークな仕様だ。またミニカと「トッポBJ」には車椅子送迎仕様や高齢者介護仕様など福祉車両も用意されている。(Web CG スヤマ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

トッポの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • トヨタ・タンク カスタムG-T(FF/CVT)【試乗記】 2017.2.1 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場にトヨタ陣営が投入したニューモデル「タンク」。3気筒ターボエンジンを搭載した上級グレード「カスタムG-T」に試乗し、同市場のパイオニアである「スズキ・ソリオ」との違いを確かめた。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る