三菱、「新規格軽」に一番のり

1998.10.06 自動車ニュース
 
 
981006_019.gif

三菱、「新規格軽」に一番のり(10/6)

三菱自動車工業は「ミニカ」をフルモデルチェンジし、10月5日より発売した。10月1日からの新規格化にもとづいたもので、車体が大きくなった。

新型「三菱ミニカ」における最大の特徴は軽自動車の新規格化にともない車体が大型化されたことだ。全長が100mm延長し、全幅が80mm拡大している。これは新たに適用された衝突安全基準をクリアするためのもので、「ミニカ」では三菱独自の安全ボディ「RISE」が採用され、前面および側面からの衝突における乗員保護、後面衝突時の燃料もれ防止、さらにオフセット衝突、斜突、ポール衝突など全方位での衝突安全性と小型車と同等にしたことが謳われている。

新型「ミニカ」では安全性の強化に加え、環境対策がもう1本の柱となっており、新開発のリーンバーン「MVV」エンジンを全車に用意している。この657cc3気筒SOHCユニットにおいて「従来より車重が増加したにかかわらず従来車と比べて約10パーセント低燃費でCO2の排出量を抑え」(広報資料)ていることが謳われている。

新型「ミニカ」のスタイリングは全高を1510mmと高めに設定してキャラクターを出しているのが特徴で、広いガラスエリアによる視認性のよさが売りものとなっている。ボディ形式は2ドアと4ドア。トランスミッションは5MTと3AT、駆動方式はFWDと4WDというように、豊かなバリエーションをもつ。価格は「Pf」の72.9万円からとなる。

新型「ミニカ」発表会の席上で、河添克彦取締役社長は、「軽自動車は若い女性、主婦を中心に、利便性と経済性の高さで受け入れられている、日本の誇るべき発明品といえるのでは」とし、さらに「(新型ミニカシリーズは)欧州新基準のオフセット衝突テストにも対応しており......当社の自信作」と語った。新型「ミニカ」とともに、「トッポBJ」および「パジェロミニ」がモデルチェンジした。

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る