ダイハツ、新規格の新型「ミラ」を発売

1998.10.07 自動車ニュース
 
 
981007_028.gif

ダイハツ、新規格の新型「ミラ」を発売(10/7)

ダイハツ工業は軽自動車「ミラ」のフルモデルチェンジを行い、10月6日より発売した。衝突安全性が向上したことが謳われている。

新型「ダイハツミラ」は、10月1日から施行された軽自動車における新規格を受けてモデルチェンジされたもので、全長で100mm延長され、全幅で80mm拡幅されている。ボディサイズを大型化するとともに衝突安全ボディ「TAF」が採用され、前面衝突、側面衝突、オフセット前面衝突などにおける安全性の向上が謳われている。ダイハツによると欧州の新衝突安全基準もクリアするものという。

新型「ダイハツミラ」では安全性の向上に加え、新開発エンジンとトランスミッションの搭載も特長となっている。なかでも眼目は吸気バルブのタイミングをコントロールするDVVT(ダイナミックバリアブルバルブタイミング機構)を備えた3気筒DOHC12バルブエンジンで、659ccの排気量から58psの最高出力を発生する。実用回転域での扱いやすさがセリングポイントだ。

さらに新開発の触媒コンバーターとO2センサーシステムを組み合わせることで排ガス中における有害成分を低減、LEV(低公害車)化を実現したとしている。DVVTエンジンには低燃費がうりものの「eco CVT」(無段変速機)も用意される。

新型「ミラ」のバリエーションはターボエンジン搭載のスポーティな「TR」を筆頭に、4ドア版の「CR」、DVVTエンジン搭載の2ドアの「TX」と4ドアの「CX」、ダイレクトバルブ駆動の3気筒SOHCエンジン搭載の「TL」とその4ドア版といえる「CL」でいずれもFWDか4WDが選べる。またやや装備が簡略化された「TV」(DVVT)と「TD」(ダイレクトSOHC)もある。

 
 

関連キーワード:
ミラダイハツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツが「ムーヴ キャンバス」にスマートアシストIIIを搭載 2017.9.11 自動車ニュース ダイハツ工業は2017年9月11日、軽乗用車「ムーヴ キャンバス」に一部改良を実施し、販売を開始した。今回の改良では、衝突回避支援システムを従来の「スマートアシストII」から最新の「スマートアシストIII」へと変更した。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
  • ホンダN-BOXプロトタイプ/N-BOXカスタム プロトタイプ【試乗記】 2017.9.4 試乗記 2011年のデビュー以来、高い人気を保ち続けているホンダの軽トールワゴン「N-BOX」シリーズが、いよいよ2代目にモデルチェンジ! 従来モデルからすべてが一新されたという新型の実力を、走りと使い勝手の両面からリポートする。
ホームへ戻る