新型ムーヴはジウジアーロ・デザイン!

1998.10.07 自動車ニュース
 
 
981007_027.gif

新型ムーヴはジウジアーロ・デザイン!(10/7)

ダイハツ工業は6日、新規格に対応した新型「ムーヴ」を発表。一部グレードには横滑り防止システム、DVSも採用している。

新型「ムーヴ」は、スタンダード版とスポーティなドレスアップを施した「ムーヴカスタム」の2タイプからなる。かのジウジアーロよるデザインといわれる新型のボディサイズは、全長x全幅x全高=3395x1475x1650〜1670?と新規格いっぱいまで拡大されている。ホイールベースも60?延長され、十分な室内空間を得ている。またダイハツの衝突安全ボディシステム「TAF」の採用により国内基準はもとより、欧州の衝突基準もクリアする安全性が得られたとしている。

搭載されるエンジンは直3SOHC(45ps/5.6kgm)、同DOHC(58ps/6.5kgm)、同ターボ(64ps/10.9kgm)、直4DOHCターボ(64ps/10.9kgm)の4種類。いずれも「TOPAZ」と命名された新設計で、?には可変バルブタイミング機構「DVTT」を採用するなどして、高性能と低エミッションの両立を実現したとしている。トランスミッションは5MTと4ATで、ATは一部グレードを除いてコラムシフトを採用。駆動方式はFFとフルタイム4WDがある。

安全装備ではデュアル・エアバッグ、フォースリミッターつきシートベルト、衝撃感知安全システム(衝突時にドアロックを自動解除したりハザードを自動点灯させるシステム)を全車に標準装備。また一部グレードには、トラクション・コントロール、ABS、横滑り制御を組み合わせた「DVS」やブレーキアシストつきABSもオプション設定する。価格は92.0〜138.0万円。販売目標は1万4000台/月としている。

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ムーヴの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る