トヨタ、スポーティな「ハイラックスサーフ」

1998.10.07 自動車ニュース
 
 
981007_024.gif

トヨタ、スポーティな「ハイラックスサーフ」(10/7)

トヨタ自動車はブラックやシルバーの外板色にメッキパーツを多用してスポーティ感を強調したという「ハイラックスサーフ」の特別仕様車「SSR-X Vセレクション」を10月1日より発売した。

「トヨタハイラックスサーフSSR-X Vセレクション」は、特別設定色のブラックメタリックおよびシルバーメタリックの外板色をもち、メッキを施した前後バンパー、ドアミラー、ドアハンドルをこれに組み合わせた特別仕様だ。内装面ではメタル調のセンタークラスター、フロントコンソール、スイッチベースに加え、専用のシート表皮およびドアトリム表皮が用意されている。

「トヨタハイラックスサーフSSR-X Vセレクション」のベースになっているのは「SSR-X」で、エンジンは2.7リッター4気筒ガソリン(1RZ-FE)と3リッター4気筒ディーゼル(1KZ-FE)の2本立てで、トランスミッションは4段オートマチックECTが組み合わせられる。駆動方式は4WDとなる。価格はガソリン仕様が249.8万円、ディーゼル仕様が277.8万円だ。

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザーZX(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.16 試乗記 トヨタが誇るSUVのフラッグシップモデル「ランドクルーザー」がマイナーチェンジ。内外装のデザイン変更や、安全装備の強化を中心とした改良を受けた。この機会に、世界中で活躍を続ける“陸の王者”に改めて試乗。その実力の片鱗(へんりん)に触れた。
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.24 試乗記 2009年のフルモデルチェンジをはさみ、「トヨタ・ランドクルーザープラド」に待望のディーゼルエンジン搭載モデルが復活した。「GD」型を名乗るトヨタの最新クリーンディーゼルエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて4代目プラドの実力をリポートする。
  • 第53回:カーマニア、堕落の選択 2017.8.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第53回は「カーマニア、堕落の選択」。5年後に還暦を迎える筆者が、次なる“牛丼車”として狙いを定めたのは、「BMW 320d」。その、安全性能は十分か否か? 「3シリーズ」の自動ブレーキとACCの進化の変遷に迫る。
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
ホームへ戻る