トヨタ、スポーティな「ハイラックスサーフ」

1998.10.07 自動車ニュース
 
 
981007_024.gif

トヨタ、スポーティな「ハイラックスサーフ」(10/7)

トヨタ自動車はブラックやシルバーの外板色にメッキパーツを多用してスポーティ感を強調したという「ハイラックスサーフ」の特別仕様車「SSR-X Vセレクション」を10月1日より発売した。

「トヨタハイラックスサーフSSR-X Vセレクション」は、特別設定色のブラックメタリックおよびシルバーメタリックの外板色をもち、メッキを施した前後バンパー、ドアミラー、ドアハンドルをこれに組み合わせた特別仕様だ。内装面ではメタル調のセンタークラスター、フロントコンソール、スイッチベースに加え、専用のシート表皮およびドアトリム表皮が用意されている。

「トヨタハイラックスサーフSSR-X Vセレクション」のベースになっているのは「SSR-X」で、エンジンは2.7リッター4気筒ガソリン(1RZ-FE)と3リッター4気筒ディーゼル(1KZ-FE)の2本立てで、トランスミッションは4段オートマチックECTが組み合わせられる。駆動方式は4WDとなる。価格はガソリン仕様が249.8万円、ディーゼル仕様が277.8万円だ。

 
 

関連キーワード:
ハイラックスサーフトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【レビュー】 2017.11.6 試乗記 トヨタの本格オフローダー「ランドクルーザープラド」がマイナーチェンジ。ただしその変化は、モデルライフ半ばの化粧直しだけにあらず。試乗してみると、走りにもランクルらしい改良の成果が表れていた。
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.24 試乗記 2009年のフルモデルチェンジをはさみ、「トヨタ・ランドクルーザープラド」に待望のディーゼルエンジン搭載モデルが復活した。「GD」型を名乗るトヨタの最新クリーンディーゼルエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて4代目プラドの実力をリポートする。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • ただいま街で増殖中!
    新型タクシーの素顔に迫る
    2018.2.9 デイリーコラム 2017年の年末から街で見られるようになってきた、コロリとしたデザインの新型タクシー。その開発に際しては、タクシー専用車ならではの特別な事情や苦労があったというのだが……? 生みの親に話を聞いた。
  • レクサスRX450hL/NX300“Fスポーツ”/CT200h“バージョンL”【試乗記】 2018.2.20 試乗記 電動格納式サードシートを採用した、7人乗りのロングバージョン「RX450hL」が登場。レクサスブランドを支えるSUVモデル、そのアドバンテージとは? 昨年登場した「NX」「CT200h」のマイナーチェンジモデルとともにリポートする。
ホームへ戻る