テリオスの軽バージョン、「キッド」登場

1998.10.07 自動車ニュース
 
 
981007_026.gif

テリオスの軽バージョン、「キッド」登場(10/7)

ダイハツ工業は10月6日、新規格に合わせた軽のSUV、「テリオス・キッド」を発表した。

「テリオス・キッド」は、新型パジェロミニや、間もなく登場する新型ジムニーのライバルとして誕生したSUVである。そのボディサイズは全高x全幅x全高=3395x1475x1715〜1740?。新規格いっぱいの大きさだが、エンジンが縦置きであることや、ホイールベースが2420?と同社の1.3リットル版テリオスと同じことなどから、ミラやムーヴとは異なり、テリオス1.3をベースに開発されたようである。

ライバルと比較すると唯一5ドアである点が大きな特徴だ。そのボディはダイハツの衝突安全システム「TAF」を採用することによって、国内、欧州衝突安全基準をクリアしているという。

グレードはベーシックな「CL」と、ドレスアップされた「エアロダウン」の2つのみ。搭載されるエンジンは水冷直3DOHCターボで、加給圧の違いにより「エアロダウン」は64ps/10.9kgm、「CL」は60ps/8.6kgmのパワー/トルクを得ている。トランスミッションは5MTと4AT。全車フルタイム4WDである。

安全装備としては、デュアル・エアバッグ、プリテンショナー&フォースリミッターつきシートベルト、衝撃感知安全システム(ムーヴの項参照)を全車に標準装備、ABSをオプション設定している。価格は119.5〜149.0万円。目標販売台数は月2000台である。

 
 

関連キーワード:
テリオスキッドダイハツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ テリオスキッドCX (4AT)【ブリーフテスト】 2001.11.22 試乗記 ……152.8万円
    総合評価……★★★★




  • 「ダイハツ・テリオスキッド」が「キスマーク」とコラボレーション 2004.10.4 自動車ニュース ダイハツ工業は、軽SUV「テリオスキッド」に、スポーツブランド「キスマーク」とコラボレートした特別仕様車「テリオスキッド×キスマーク」を設定、2004年10月1日に発売した。
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
  • ダイハツ、「テリオスキッド」に後輪駆動車を追加 2000.1.27 自動車ニュース ダイハツ工業は、軽自動車「テリオスキッド」に後輪駆動車を新規設定、加えて四輪駆動車をマイナーチェンジし、1月18日より発売した。新たに設定されたのは後輪駆動車「CL」「CLカスタム」「エアロダウン」。「FRならではの素直なハンドル操作を実現した」とダイハツではしている。エンジンは4WD車同様、4バルブ直3ターボエンジンを搭載。車両の軽量化とデフギア比の見直しにより、燃費を向上させているという。さらにエアロダウンスポーツサスペンションが採用されているのもFR車の特長といえる。四駆車には新グレード「CX」「CLカスタム」を設定。上級グレードとなる「CX」は、4バルブ直3インタークーラーターボ「EF-DET」エンジンを搭載、ハロゲンフォグランプ、アルミホイール、電動ドアミラーなどを装着している。「CLカスタム」はライトプレッシャーターボ付の直3「EF-DEM」エンジンが載り、フロントロアスカート、サイドストーンガード、リアロアスカート、ハロゲンフォグランプ、さらにFR車に標準装備されるエアロダウンスポーツサスペンションなどが加わる。旧モデルからの改良点は、電動ドアミラーの標準装備(エアロダウン)、フロントフォグランプホールカバーのボディ色対応(CL)、電動格納式メッキドアミラーをオプション設定などだ。価格は108.0万円から149.0万円となる。ダイハツ工業「テリオスキッド」サイト:http://www.daihatsu.co.jp/cata/terioskid/index.htm好調な売れ行きの軽。それにFRを設定し、波に乗りたいところです。(Web CG 有吉)
  • 息のながーい「ダイハツ・テリオスキッド」マイナーチェンジ 2006.8.23 自動車ニュース ダイハツ工業は、軽乗用車「テリオスキッド」をマイナーチェンジし、2006年8月23日に発売した。
ホームへ戻る