トヨタ、「クラウン4ドアハードトップ」にスポーティ仕様

1998.10.08 自動車ニュース
 
 
981008_029.gif

トヨタ、「クラウン4ドアハードトップ」にスポーティ仕様(10/8)

トヨタ自動車は「クラウン4ドアハードトップ(ロイヤルシリーズ)」にスポーティな雰囲気を強調した「Trエディション」を設定、10月1日より発売した。

「トヨタクラウン4ドアハードトップ2000ロイヤルエクストラTrエディション」は専用装備を与えられた特別仕様だ。2000ロイヤルエクストラをベースに、専用の2トーン外板色(「エターナルグリーントーニング」)、専用リアエンブレム、オートレベリング機能付クセノンガス封入ヘッドランプ、215/55R16タイヤ、6.5JJアルミホイールを装備している。

内装面では、ジャガードモケット表皮のシートおよびドアトリム、スインググリルのエアコン吹き出し口、木目調のパワーウィンドウスイッチベース、オプティトロンメーター、ワイヤレスドアロックリモートコントロール、コンライトなどを装備している。

「トヨタクラウン4ドアハードトップ2000ロイヤルエクストラTrエディション」に搭載されたエンジンは2リッター4気筒DOHCの「1G-FE」で、電子制御フレックスロックアップ付4段オートマチック「ECT-iE」が組み合わせられている。駆動方式はRWDで、価格は302.0万円(東京)だ。

 
 

関連キーワード:
クラウン ロイヤルトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • マツダ・アテンザ【開発者インタビュー】 2018.5.26 試乗記 現行型「マツダ・アテンザ」が、デビュー6年目にして4回目の改良を受けた。過去に例を見ないほどの“ビッグマイナーチェンジ”は、なにを意図してのものなのか? マツダのフラッグシップモデルを進化させるという重責を担った、主査の脇家 満さんに話をうかがった。
  • マツダCX-5 XDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2018.6.13 試乗記 フルモデルチェンジからわずか1年でパワープラントを大幅改良! 新エンジンを搭載した「マツダCX-5」のディーゼルモデルに試乗。従来モデルよりさらにパワー&トルクを増した新型の魅力と、やや気になったポイントをリポートする。
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリア」にシルバーでドレスアップした限定車 2018.6.9 自動車ニュース FCAジャパンは2018年6月9日、「アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ」をベースとした特別仕様車「クアドリフォリオ アルジェント」を設定し、30台の台数限定で発売した。価格は1139万円。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
ホームへ戻る