新型ワゴンRはキープ・コンセプト

1998.10.08 自動車ニュース
 
 
981008_033.gif

新型ワゴンRはキープ・コンセプト(10/8)

スズキは10月7日、新規格に対応した新型「ワゴンR」を発売した。同時にスポーツ仕様の「ワゴンR RR」も新登場した。

日本で一番売れている軽自動車であり、軽のミニバン・タイプの先駆者であるワゴンRも、新規格導入に伴いフルモデルチェンジを受けた。旧型のイメージを正常進化させたそのサイズは、例によって新規格いっぱいまで拡大されて全長x全幅x全高=3395x1475x1640〜1685mm。各部の軽量化設計やエンジンの新設計などによって、旧型と同等以上の燃費を実現したという。

ボディスタイルは旧来どおり、1+2ドアと5ドア。搭載されるエンジンはすべて直3で、SOHC、同ターボ、DOHC(LEV仕様もあり)、同VVT(可変バルブタイミング機構)の4種。いずれも実用域でのトルクが重視された設計になっているという。トランスミッションは5MT、3ATのほか、同社初のCVTも用意されている。またATシフトレバーはフロア式とコラム式がある。駆動方式はFFとフルタイム4WDが設定されている。

スポーツ仕様の「ワゴンR RR」は異形4灯ライトを備えた専用フロントマスクを持つローダウン版だ。エンジンは直3DOHCターボ(64ps、10.8kgm)のみ。トランスミッションは5MTと4ATが用意されている。

安全装備は、フォースリミッターつきシートベルト、チャイルドシート固定機能つき後席3点ベルトを全車に標準装備。デュアルエアバッグ、ABS、ブレーキアシスト、前席プリテンショナー機構つきシートベルトはセットでオプションとなる。価格は69.8〜139.7万円。販売台数目標は月1万7000台である。

エクステリアのデザインは新鮮味があり、かつ旧型のイメージを上手に進化させていて、好感が持てた。しかし、インテリアのデザインがあいかわらずパッとしないのは悲しい……。(Web CG スヤマ)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • スズキ・ワゴンR FZ(FF/CVT)/ワゴンRスティングレー X(FF/CVT)【試乗記】 2014.9.8 試乗記 モーターによる電動アシスト機能「S-エネチャージ」を備え、32.4km/リッターの燃費を実現した「スズキ・ワゴンR」。新機構の効能と、あえて「ハイブリッド」と名乗らなかったその思惑を探る。
ホームへ戻る