新型ワゴンRはキープ・コンセプト

1998.10.08 自動車ニュース
 
 
981008_033.gif

新型ワゴンRはキープ・コンセプト(10/8)

スズキは10月7日、新規格に対応した新型「ワゴンR」を発売した。同時にスポーツ仕様の「ワゴンR RR」も新登場した。

日本で一番売れている軽自動車であり、軽のミニバン・タイプの先駆者であるワゴンRも、新規格導入に伴いフルモデルチェンジを受けた。旧型のイメージを正常進化させたそのサイズは、例によって新規格いっぱいまで拡大されて全長x全幅x全高=3395x1475x1640〜1685mm。各部の軽量化設計やエンジンの新設計などによって、旧型と同等以上の燃費を実現したという。

ボディスタイルは旧来どおり、1+2ドアと5ドア。搭載されるエンジンはすべて直3で、SOHC、同ターボ、DOHC(LEV仕様もあり)、同VVT(可変バルブタイミング機構)の4種。いずれも実用域でのトルクが重視された設計になっているという。トランスミッションは5MT、3ATのほか、同社初のCVTも用意されている。またATシフトレバーはフロア式とコラム式がある。駆動方式はFFとフルタイム4WDが設定されている。

スポーツ仕様の「ワゴンR RR」は異形4灯ライトを備えた専用フロントマスクを持つローダウン版だ。エンジンは直3DOHCターボ(64ps、10.8kgm)のみ。トランスミッションは5MTと4ATが用意されている。

安全装備は、フォースリミッターつきシートベルト、チャイルドシート固定機能つき後席3点ベルトを全車に標準装備。デュアルエアバッグ、ABS、ブレーキアシスト、前席プリテンショナー機構つきシートベルトはセットでオプションとなる。価格は69.8〜139.7万円。販売台数目標は月1万7000台である。

エクステリアのデザインは新鮮味があり、かつ旧型のイメージを上手に進化させていて、好感が持てた。しかし、インテリアのデザインがあいかわらずパッとしないのは悲しい……。(Web CG スヤマ)

 
 
関連記事
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(前編)】 2017.5.11 試乗記 外部から充電できるハイブリッド車「トヨタ・プリウスPHV」と、エンジンで発電した電力を使って走る「日産ノートe-POWER」。今が旬のエコカー2台をさまざまな道で乗り比べ、運転感覚や使い勝手の違いを詳しくリポートする。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売 2016.12.26 自動車ニュース スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。
  • ダイハツ・トール/トヨタ・ルーミー/タンク【開発者インタビュー】 2016.12.15 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場に割って入るべく、ダイハツが開発した「ダイハツ・トール」と「トヨタ・ルーミー/タンク」。コンパクトなボディーに広い室内、また数々の便利な装備には、どんな気持ちが込められているのか。開発責任者の思いを聞いた。
  • 「スズキ・イグニス」にSUVらしさを強調した特別仕様車 2016.11.16 自動車ニュース 「スズキ・イグニス」に特別仕様車「Fリミテッド」が登場。「ハイブリッドMZ」をベースによりSUVテイストを強調する内外装を採用したもので、汚れを拭き取りやすいレザー調表皮のシートや、防汚タイプのラゲッジフロアなども装備している。
  • スズキ・イグニス ハイブリッドMZ(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2016.4.8 試乗記 日本の道路事情にマッチしたボディーサイズと、ユニークなデザインで注目を集めるコンパクトクロスオーバーの「スズキ・イグニス」。では、その走りや使い勝手の実力はどれほどのものなのか? 最上級グレードを借り出し、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る