新型ジムニーはやっぱり硬派路線

1998.10.08 自動車ニュース
 
 
981008_031.gif

新型ジムニーはやっぱり硬派路線(10/8)

スズキは軽の新規格に適応した新型「ジムニー」を10月7日に発売した。ジムニー・ワイドをベースに作られたものだ。

新型「スズキ・ジムニー」は、その外観を見てもわかるように、乱暴な言い方をすればジムニー・ワイドに660ccのエンジンを載せ、オーバーフェンダーを外して作った、というような成り立ちをしている。その外寸は全長x全幅x全高=3395x1475x1680〜1715mm。ホイールベースは2250mmでワイドと同一である。

ラダーフレーム構造、パートタイム4WDシステム、コイル/リジッドのサスペンションを採用した本格派の小型クロカン4WDという性格は今回も不変だ。縦置きで搭載されるエンジンは直3DOHCターボ(64ps、10.8kgm)のみ。これに5MTもしくは4ATが組み合わされる。

今回のモデルチェンジでは騒音、振動の低減や、サイドシルの段差を少なくしたり、シートのかけ心地を向上させたりと、乗用車的な快適性を向上することも追求されている。

安全装備は他のスズキの軽と同じく、フォースリミッターつき運転席シートベルトを全車に標準装備。例によってデュアルエアバッグ、ABS、フロントシートベルトプリテンショナーは3点セットでのオプションとなっている。価格は99.8〜141.6万円。販売台数目標は月2000台である。

「最近のユーザーにとって、ヨンクの魅力とはカッコであって4WDの走破性ではない」。そういった傾向を見据えた上で、都市型SUVの「kei」をデビューさせ、ジムニーを軟派路線にモデルチェンジしなかったスズキの決断はエライと思う。それにしても織田裕二って男にはあんまり人気ないと思うが。(Web CG スヤマ)

 
 

関連キーワード:
ジムニースズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第452回:今だからこそ語りたい!
    現行型「ジムニー」に宿る普遍の魅力
    2017.10.21 エディターから一言 前回のモデルチェンジから20年を迎え、いよいよ新型の登場が現実味を帯びてきた「スズキ・ジムニー」。とはいえ、依然として今のモデルの魅力が色あせていないのも事実である。長年にわたり活躍してきた現行ジムニーに宿る、普遍の魅力について考えてみた。
  • スズキ・ジムニー ランドベンチャー(4WD/4AT)【試乗記】 2015.1.15 試乗記 今年でデビュー17年目を迎える現行型「スズキ・ジムニー」。自家用車としては異例ともいえるロングセラーモデルの「ご長寿の秘訣(ひけつ)」を探った。
  • スズキ、“ネオレトロ”な新型「SV650X ABS」を発売NEW 2018.1.23 自動車ニュース スズキは2018年1月22日、新型二輪車「SV650X ABS」を発表した。発売は1月26日。外観はカフェレーサースタイルでまとめられているほか、燃料タンクには「SUZUKI」のロゴが入るなど、レトロな雰囲気が演出されている。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
  • 第73回:伊達軍曹、スバリストになる!? 2018.1.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第73回は「伊達軍曹、スバリストになる!?」。筆者が率いるカーマニア集団「MJ戦略参謀本部」、そこに属する個性派メンバー達のこだわりとは? 共にスバリストを自認する守旧派VS改革派(!?)が激突する!
ホームへ戻る