新型ジムニーはやっぱり硬派路線

1998.10.08 自動車ニュース
 
 
981008_031.gif

新型ジムニーはやっぱり硬派路線(10/8)

スズキは軽の新規格に適応した新型「ジムニー」を10月7日に発売した。ジムニー・ワイドをベースに作られたものだ。

新型「スズキ・ジムニー」は、その外観を見てもわかるように、乱暴な言い方をすればジムニー・ワイドに660ccのエンジンを載せ、オーバーフェンダーを外して作った、というような成り立ちをしている。その外寸は全長x全幅x全高=3395x1475x1680〜1715?。ホイールベースは2250?でワイドと同一である。

ラダーフレーム構造、パートタイム4WDシステム、コイル/リジッドのサスペンションを採用した本格派の小型クロカン4WDという性格は今回も不変だ。縦置きで搭載されるエンジンは直3DOHCターボ(64ps、10.8kgm)のみ。これに5MTもしくは4ATが組み合わされる。

今回のモデルチェンジでは騒音、振動の低減や、サイドシルの段差を少なくしたり、シートのかけ心地を向上させたりと、乗用車的な快適性を向上することも追求されている。

安全装備は他のスズキの軽と同じく、フォースリミッターつき運転席シートベルトを全車に標準装備。例によってデュアルエアバッグ、ABS、フロントシートベルトプリテンショナーは3点セットでのオプションとなっている。価格は99.8〜141.6万円。販売台数目標は月2000台である。

「最近のユーザーにとって、ヨンクの魅力とはカッコであって4WDの走破性ではない」。そういった傾向を見据えた上で、都市型SUVの「kei」をデビューさせ、ジムニーを軟派路線にモデルチェンジしなかったスズキの決断はエライと思う。それにしても織田裕二って男にはあんまり人気ないと思うが。(Web CG スヤマ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スズキ・ジムニー ランドベンチャー(4WD/4AT)【試乗記】 2015.1.15 試乗記 今年でデビュー17年目を迎える現行型「スズキ・ジムニー」。自家用車としては異例ともいえるロングセラーモデルの「ご長寿の秘訣(ひけつ)」を探った。
  • イタリア版「ジムニー」は日本ムード全開!? 2010.12.3 自動車ニュース スズキのイタリア法人スズキ・イタリアは2010年11月27日、「ジムニー」の誕生40周年を記念した特別仕様車を設定し、販売を開始した。2010年12月30日までの期間限定販売となる。
  • 「スズキ・ソリオ」に32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場
    2016.11.29 自動車ニュース スズキが「ソリオ」のフルハイブリッドシステム搭載車を発売。このシステムは1.2リッター直4エンジンに走行用のモーターと5段ロボタイズドMTを組み合わせたもので、スズキが独自に開発。燃費は32.0km/リッターと公称されている。
  • 第18回 ゼイタクは敵(その2) 2016.11.22 エッセイ 清水草一の話題の連載。第18回は「ゼイタクは敵(その2)」。筆者が“世界初の超小型スーパーカー”と賞賛する、愛車「ホンダS660」との思い出を語る。「フェラーリ458イタリア」との夢のスーパーカー2台生活の実態とは?
  • 「ホンダN-ONE」に「N360」生誕50周年を記念した特別仕様車 2016.11.10 自動車ニュース 本田技研工業は2016年11月10日、軽乗用車「N-ONE」に特別仕様車「SS(スズカスペシャル)ネオクラシックレーサーパッケージ」を設定し、11月11日に発売すると発表した。価格は179万8000円で、2017年10月31日までの生産分で受注終了となる。
ホームへ戻る