新型ジムニーはやっぱり硬派路線

1998.10.08 自動車ニュース
 
 
981008_031.gif

新型ジムニーはやっぱり硬派路線(10/8)

スズキは軽の新規格に適応した新型「ジムニー」を10月7日に発売した。ジムニー・ワイドをベースに作られたものだ。

新型「スズキ・ジムニー」は、その外観を見てもわかるように、乱暴な言い方をすればジムニー・ワイドに660ccのエンジンを載せ、オーバーフェンダーを外して作った、というような成り立ちをしている。その外寸は全長x全幅x全高=3395x1475x1680〜1715mm。ホイールベースは2250mmでワイドと同一である。

ラダーフレーム構造、パートタイム4WDシステム、コイル/リジッドのサスペンションを採用した本格派の小型クロカン4WDという性格は今回も不変だ。縦置きで搭載されるエンジンは直3DOHCターボ(64ps、10.8kgm)のみ。これに5MTもしくは4ATが組み合わされる。

今回のモデルチェンジでは騒音、振動の低減や、サイドシルの段差を少なくしたり、シートのかけ心地を向上させたりと、乗用車的な快適性を向上することも追求されている。

安全装備は他のスズキの軽と同じく、フォースリミッターつき運転席シートベルトを全車に標準装備。例によってデュアルエアバッグ、ABS、フロントシートベルトプリテンショナーは3点セットでのオプションとなっている。価格は99.8〜141.6万円。販売台数目標は月2000台である。

「最近のユーザーにとって、ヨンクの魅力とはカッコであって4WDの走破性ではない」。そういった傾向を見据えた上で、都市型SUVの「kei」をデビューさせ、ジムニーを軟派路線にモデルチェンジしなかったスズキの決断はエライと思う。それにしても織田裕二って男にはあんまり人気ないと思うが。(Web CG スヤマ)

 
 

関連キーワード:
ジムニースズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第452回:今だからこそ語りたい!
    現行型「ジムニー」に宿る普遍の魅力
    2017.10.21 エディターから一言 前回のモデルチェンジから20年を迎え、いよいよ新型の登場が現実味を帯びてきた「スズキ・ジムニー」。とはいえ、依然として今のモデルの魅力が色あせていないのも事実である。長年にわたり活躍してきた現行ジムニーに宿る、普遍の魅力について考えてみた。
  • ホンダ・クロスカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2018.4.21 試乗記 ビジネス用途の「スーパーカブ」をベースに開発された、ホンダの小型バイク「クロスカブ」。その最新型は、「単なるバリエーションモデル」と割り切れない、独自の魅力を持っていた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)/CX-5 25Sプロアクティブ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.4.6 試乗記 デビューから1年で早くもマイナーチェンジを受けた「マツダCX-5」に試乗。「CX-8」と同じ「スカイアクティブ-D 2.2」や気筒休止機構を搭載した「スカイアクティブ-G 2.5」など、エンジンに大幅な改良が施された最新モデルの走りをリポートする。
  • ミツオカ・ヒミコSレザーパッケージ(FR/6AT)【試乗記】 2018.4.18 試乗記 尋常ではない長さのフロントフードと、それに沿って配置される伸びやかなフロントフェンダー。独立独歩のデザインを貫く「ミツオカ・ヒミコ」が2代目へと進化した。富山の小さな自動車メーカーが送り出す、“最新モデル”の出来栄えは!?
  • 三菱エクリプス クロス Gプラスパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】 2018.4.10 試乗記 三菱から満を持して登場した久々のニューモデル「エクリプス クロス」。同社の次世代製品群の旗手を担うコンパクトSUVは、ハイブリッドやディーゼルといった“飛び道具”はないものの、運転しやすく快適な、ちゃんとした乗用車に仕上げられていた。
ホームへ戻る