新型ジムニーはやっぱり硬派路線

1998.10.08 自動車ニュース
 
 
981008_031.gif

新型ジムニーはやっぱり硬派路線(10/8)

スズキは軽の新規格に適応した新型「ジムニー」を10月7日に発売した。ジムニー・ワイドをベースに作られたものだ。

新型「スズキ・ジムニー」は、その外観を見てもわかるように、乱暴な言い方をすればジムニー・ワイドに660ccのエンジンを載せ、オーバーフェンダーを外して作った、というような成り立ちをしている。その外寸は全長x全幅x全高=3395x1475x1680〜1715?。ホイールベースは2250?でワイドと同一である。

ラダーフレーム構造、パートタイム4WDシステム、コイル/リジッドのサスペンションを採用した本格派の小型クロカン4WDという性格は今回も不変だ。縦置きで搭載されるエンジンは直3DOHCターボ(64ps、10.8kgm)のみ。これに5MTもしくは4ATが組み合わされる。

今回のモデルチェンジでは騒音、振動の低減や、サイドシルの段差を少なくしたり、シートのかけ心地を向上させたりと、乗用車的な快適性を向上することも追求されている。

安全装備は他のスズキの軽と同じく、フォースリミッターつき運転席シートベルトを全車に標準装備。例によってデュアルエアバッグ、ABS、フロントシートベルトプリテンショナーは3点セットでのオプションとなっている。価格は99.8〜141.6万円。販売台数目標は月2000台である。

「最近のユーザーにとって、ヨンクの魅力とはカッコであって4WDの走破性ではない」。そういった傾向を見据えた上で、都市型SUVの「kei」をデビューさせ、ジムニーを軟派路線にモデルチェンジしなかったスズキの決断はエライと思う。それにしても織田裕二って男にはあんまり人気ないと思うが。(Web CG スヤマ)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ジムニー ランドベンチャー(4WD/4AT)【試乗記】 2015.1.15 試乗記 今年でデビュー17年目を迎える現行型「スズキ・ジムニー」。自家用車としては異例ともいえるロングセラーモデルの「ご長寿の秘訣(ひけつ)」を探った。
  • スズキ・ジムニーXC(4AT)【試乗記】 2005.8.15 試乗記 スズキ・ジムニーXC(4AT)
    ……158万250円

    1970年に初代が誕生した「スズキ・ジムニー」は、軽自動車で本格派クロスカントリー4WDが楽しめることで、一躍人気を集めた。が、3代目となる現行モデルは、人気低迷ぎみ。その理由は……。


  • スズキ・ハスラー X(FF/CVT)【試乗記】 2014.2.24 試乗記 ユニークな見た目で話題の新型軽「スズキ・ハスラー」。では、実際に乗ってみたらどうなのか? 燃費を含め、クルマとしての仕上がりを報告する。
  • フォルクスワーゲン、新型「ポロ」を世界初公開 2017.6.19 自動車ニュース 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、新型「ポロ」をベルリンで発表した。「ゴルフ」や「パサート」などにも採用される横置きエンジン用プラットフォーム「MQB」を用いることで、最新のテクノロジーを手に入れている。
  • 「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ」にアウトドアや家族旅行に最適な限定車登場 2017.6.15 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年6月15日、コンパクトSUV「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ」に特別仕様車「7 JOURNEY SPECIAL EDITION(7ジャーニースペシャルエディション)」を設定し、96台の台数限定で受注を開始した。価格は649万円。
ホームへ戻る