スズキ、新規格の新型「アルト」発表

1998.10.08 自動車ニュース
 
 
981008_034.gif

スズキ、新規格の新型「アルト」発表(10/8)

スズキは10月7日、軽自動車の新規格に適応させた新型「アルト」を発売した。衝突安全性、経済性の向上が謳われている。

新型「スズキアルト」においては、新規格にともなう車体拡大によって衝突安全性を向上させるとともに、各部の徹底した軽量化や、ワゴンRなどとのプラットフォームの共有化によって、燃費の向上やコストダウンも図られている。そのサイズは全長x全幅x全高=3395x1475x1450〜1455?と新規格いっぱいまで拡大された。加えてホイールベースやトレッドの拡大により、居住性や走行安定性の向上が図られている。

「アルト」のグレード構成はセダン3ドア、同5ドア、商用車のバンからなる。搭載されるエンジンは直3のSOHCとDOHC。DOHCにはリーンバーン仕様とLEV仕様が設定された。トランスミッションは4MT、5MT、3ATがあり、駆動方式はFFとフルタイム4WDが用意される。

スポーツ仕様の「アルトワークス」には可変バルブタイミング機構「VVT」を採用したDOHCターボ(64ps、11.0kgm)とSOHCターボが搭載された。また電子制御スロットルやヘリカルLSDも装備される。

安全装備では全車の運転席にフォースリミッターつきシートベルトが標準装備された。しかしプリテンショナー機能やデュアルエアバッグ、ABS、ブレーキアシストなどは基本的にオプションとなる。価格は49.8〜118.2万円。販売台数目標は月間1万1000台。

実車に接してみると、たとえばドアの閉まる感じなどは下手な小型車以上のしっかり感がある。しかし、いくら価格を下げたいからといって、エアバッグやABSを全車に標準装備しないというのは、あきらかに時代に逆行していると思う。(Web CG スヤマ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アルトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【レビュー】 2016.2.26 試乗記 専用チューニングのエンジンやサスペンション、クロスレシオの5段MTなど、すべての要素が走ることにフォーカスされた「スズキ・アルト ワークス」。15年ぶりに復活したファン待望のスポーツモデルを、ワインディングロードで試した。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
ホームへ戻る