軽のビークロス!? スズキKei新登場

1998.10.08 自動車ニュース
 
 
981008_032.gif

軽のビークロス!? スズキKei新登場(10/8)

スズキは軽の都市型SUV、「Kei(ケイ)」を10月7日より発売した。クロカン4WDのジムニーとの差別化を図ったモデルだ。

「スズキKei」は同日発表された新型アルトをベースに開発されたSUV。いすゞビークロスを彷彿させるその近未来的なスタイリングからも想像されるように、主に都市部での使用を前提とした、乗用タイプのSUVである。ボディは3ドアのみで、そのサイズは全長x全幅x全高=3395x1475x1525〜1595?。ホイールベースはアルトと同じ2360?である。一部グレードを除き、「一般的なタワー式立体駐車場を利用できる」(広報資料より)のもセールスポイントだ。

搭載されるエンジンは直3DOHCのLEV(55ps、6.2kgm)、同SOHCターボ(60ps、8.5kgm)、同DOHCターボ(64ps、10.8kgm)の3種。トランスミッションは5MT、3AT、4ATが組み合わされる。駆動方式はFFと4WDを設定する。

安全装備もアルト/ワゴンR同様で、フォースリミッターつきシートベルトを全車に標準装備する。またABSとブレーキアシストは一部グレードで標準装備、他はデュアルエアバッグ、前席シートベルトテンションリデューサーと共にセット・オプションとなる。価格は71.8〜129.0万円。目標販売台数は月5000台である。

たとえば盆栽のように、日本人は「すでにあるものを小さくする」ことに長けているというが、keiはその典型的な例だと思う。それにしても、ビークロスの兄弟車のようだと思うのは私だけだろうか。(Web CG スヤマ)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】 2017.8.8 試乗記 ニッポンの乗用車のボトムレンジを担う「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。両モデルの比較を通してそれぞれの実力を検証するとともに、軽自動車開発のトレンド、そしてスズキとダイハツのクルマ造りの違いを浮き彫りにする。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2017.8.15 試乗記 専用チューニングのエンジンとシャシー、そして空力デバイスが用いられた「メルセデスAMG GT」のハイパフォーマンスモデル「GT R」。高性能スポーツモデルの“聖地”、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで鍛えられたその走りを試す。
ホームへ戻る